7/15 RELEASE
美しくも残酷な妖精たちの世界へ、ようこそ。

試し読み 〜 盗まれし季節の誓い(上)〜

<これまでのあらすじ>
第1弾『夢迷宮への片道切符』で妖精界から弟を助けだしたミーガンは、冬の王子アッシュとの契約どおり、敵国である〈冬の王国〉へ向かった。そこで囚われの身となり、いたずら妖精のチャオシンやアッシュの次兄ローワンらから、何かとちょっかいを出される日々が続いていた――

目が覚めたとき、部屋は明るく、寒々とした光が窓からさしこんでいた。
顔がべたついて熱く、枕が湿っぽい。満ち足りた気分になれたのはゆうべの出来事を思い出すまでのほんの一瞬で、たちまち記憶がどす黒い波となってよみがえってきた。
また涙が出そうになり、頭までベッドカバーにもぐる。ゆうべはほぼひと晩じゅう、廊下にいる妖精たちに泣き声が聞こえないよう、顔を枕にぎゅっと押しつけて泣いていた。アッシュの残酷な言葉が心に突き刺さった。いまでもまだ、玉座の間での彼の態度が信じられない。
わたしなんかブーツで踏みつぶしたごみくずだと言わんばかりの、心の底から見くだした態度――ずっと彼に会いたくて、早く帰ってきてほしくてたまらなかった気持ちが、ひん曲がった釘みたいに胸に引っかかっている。裏切られた気分だった。
つづきはこちらから(第1話)

盗まれし季節の誓い(上)

平凡な16 歳の女子高生に、妖精たちの未来はゆだねられた! キュートで残酷な、話題騒然のシリーズ、第2弾。

ハーレクインのネットショップへ

夢迷宮への片道切符(上)

学校でも目立たず家にも居場所のない、女子高生ミーガン。気にかけてくれるのは幼なじみでお調子者のロビーと、甘えん坊の幼い弟くらいだ。そんなミーガンの日常は、16歳の誕生日に一変する。〈フェアリー・プリンセス〉第1弾!。

夢迷宮への片道切符~読者レビューはこちら

  • 50P試し読みはこちら!
  • 下巻からのボーナスページ!(ネタバレ注意)


ページの上部へ戻る