作家詳細

ケイト・ウォーカー(Kate Walker)

ケイト・ウォーカー(Kate Walker) ハーレクイン・ロマンスで活躍する人気作家であり、綿密に練られたプロットに加え、ドラマティックな展開とセクシーなラブシーンが特徴。その実力はベストセラーリストにたびたび登場することからもうかがいしれる。

イングランド中部ノッティンガムシャーの生まれだが、ブロンテ姉妹の生地ヨークシャーで育った。幼いころからお話を作るのが大好きで、わずか四歳のときに妹二人のために3つの雨粒を主人公にした童話を作ったというほほえましいエピソードもある。ウェールズの大学と大学院で学び、敬愛するブロンテ姉妹の研究で修士号を取得した。その後、学生時代に知り合った男性とめでたくゴールイン。児童図書館の司書を経て、息子の誕生を機に執筆を開始した。
幼少時から創作の才に恵まれた彼女だったが、作家デビューへの道のりは決して平坦なものではなかった。苦労して書き上げた作品を出版社に送るも、二本連続して断られ、意気消沈する。やがて、三作目の採用を告げられたケイトはその手紙を受け取ったときのことを、昨日のことのように覚えていると語る。「何が書かれているのか理解するまでに手紙を何百回となく読み直しました。それからこれは夢ではないと、何日も自分に言い聞かせ続けました。作品が出版されてようやく、私は作家になれたのだと悟ったのです」
このように謙虚な性格のケイトが考えるロマンティックな精神とは、「ほかの人に対して思いやりを持って接し、その人のためによかれと思うことにベストを尽くす」ことであり、実際に彼女はそれを実践しているという。また、高級レストランでの豪華なディナーよりも、素手で食べるフィッシュ&チップスのほうが好きと語る素朴な一面もあわせもつ。執筆に追われる忙しい日々だが、その合間を縫って刺繍や編み物、アンティークショップめぐりなどの趣味も楽しんでいる。

前のページに戻る

マイページログインカートを見る