作家詳細

モーリーン・チャイルド(Maureen Chaild)

モーリーン・チャイルド(Maureen Chaild) シルエット・ディザイアで活躍する人気作家。セクシーな男たちを描かせたら天下一品。

モーリーン・チャイルドは生粋の南カリフォルニア人。いまだに「秋」が実在するということが信じられないという。1990年のデビュー作以来約40冊の作品を発表しているが、創造に対する情熱は衰えることを知らない。その情熱こそがウォールデンブックスのベストセラーリストの常連でいつづける秘訣かもしれない。
仕事以外では夫との旅行が楽しみ。これにはたいてい彼女の両親も加わることになる。3人がめいめい地図を見ながら、哀れな運転手、つまり辛抱強いモーリーンの夫に大声で指示を出すという珍道中だ。だがこのおかげでモーリーンは創作に必要な下調べをすることができる。
自宅でのモーリーンは、成人した2人の子どもやその友人たち、それに世界一落ち着きのないゴールデンレトリバーのアビーがいる慌ただしい家を切り盛りしている。アビーはかわいそうなことに「風」が怖くてしょうがない。そこに何かがあるのはわかっても、目には見えないからだ。だから風の強い日は自分だけでは家から出たがらない。風が強く寒い夜はモーリーンの姿を探してみるといい。裏庭でアビーの手をしっかり握っていることだろう。

既刊作品全ての既刊作品を見る

前のページに戻る

マイページログインカートを見る