ハーレクイン文庫

ハーレクイン文庫 コンテンポラリー

電子書籍 冬の恋物語

HQB-772(初版I-1713)

著者 ベティ・ニールズ
訳者 久坂翠
ポイント 33pt
ISBN 978-4-596-93772-8
頁数 208頁 / 文庫判
発行日 2016年12月1日
定価 670円(税込)
電子書籍定価 540円(税込)

後見人の大おじが亡くなり、家を追い出されたクローディアは働きづめだった。ある日、大おじの担当医だったトマスが現れ、突然、契約結婚を持ちかけられる。

病院で住み込みの雑役係をしているクローディアは、 毎日くたくたになるまで働きづめの日々を送っていた。 世話をしてくれた大おじが亡くなり、家を追い出されたからだ。 しばらくして、大おじの診察に訪れていた高名な医師トマスが、 彼女のもとを訪ねてくるようになる。何度か二人で食事したあと、 彼は唐突にクローディアに結婚を申し込んだ。 「結婚すればきみは自由を、ぼくはよき友人を手に入れられる」 愛のかけらもない申し出だと知りつつも、 時折見せるやさしさに淡い期待を抱き、思わず頷いてしまう。

著者紹介

ベティ・ニールズ

イギリス南西部のデボン州で育つ。オランダ人の夫と14年間その故郷に住み、看護師として病院で働いた。イギリスに戻った後、1969年『赤毛のアデレイド』を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンスは多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。

読者レビュー

  • お互いに好意を感じながらも、恋や愛ではないと割り切って契約結婚のように一緒になったクローディアとトマス。二人の距離が、結婚後の何気ない日常の中でだんだんと惹かれあいながら近づいていくのにドキドキしました。読後感がよくて読んだあと幸せな気持ちになりました。子犬のハーヴェイがとっても可愛らしいです。【 アオ 】
  • この作品はタイトルの通り、冬と恋がとても素敵なコントラストを織りなしています。冬というと暗めの印象がありますが、ヒロインとヒーローが出会うきっかけである大おじの体調不良と重なっています。そして、ヒーローの言動はヒロインだけでなく読者の心も温かくしてくれます。食事のシーンも美味しそうに描かれています。寒い時季だからこそ、ぜひ心温まるこの作品を手に取って頂きたいです。【 モニター 】
  • ベティ・ニールズが大好きな人にはたまらない!!! いじらしいクローディア…本当にいい人過ぎる。それに頭もいい。主人思いのコークも気が付けばクローディア奥様のファンになってるし。けなげなクローディアは最後に報われハッピーエンド。ところで、大おじが亡くなりクローディア母娘と使用人を追い出したラムジーに天罰は下らないけど毎度のことなので…ベティ・ニールズに出て来る悪かったり意地悪だった人って罰を受けることって無いんだよね。ちょっとブラックな私には思いっきり天罰を下してやりたいと思うけど!!! ともあれ、ちょっとホロリとして幸せになれる一冊です。【 segawa 】
  • 二人は友人として結婚しますが、お互いに自分は片想いと思っていてなかなか進展しない感じ…。じれったいなぁと思いながら、読み進めました。べティ・ニールズらしいお話で、ドロドロ感がなく面白かったです。【 モニター 】
ご購入者の方へ(クリックで開きます。)

<紙書籍>
※ 配送料は無料です。
※ ご注文後、通常2日~5営業日での発送となります。ただし土日祝祭日もしくはその前日にご注文された場合、翌営業日が発送準備日になりますので、ご注文から1週間ほどお時間頂く場合がございます。なお、クリスマスやお正月などの混雑期は少々お時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。
※ ハーレクインコミックス・キララを除く予約商品は、締切日までにご予約頂いた場合、発売日の1週間前に発送いたします。ハーレクインコミックス・キララをご予約頂いた場合は発売日に発送いたします。予約締切日以降にご注文頂いた場合は、入荷次第2日~5営業日で発送いたします。

<電子書籍>
※注:電子書籍<通常版>は購入した時点から有効期間を定めないで無期限で読むこと事ができます。
ただし、当社がストリーミングの期限を設定した一部の電子書籍、又はまれに著者との契約に基づき閲覧を制限する必要が生じた電子書籍についてはの都合により、通常版の商品が閲覧できなくなる場合があります(その場合も1年間は保証致します)。
※ 48時間版の閲覧有効期間は購入した時点から48時間読むことができます。
※ ご購入後、ご注文完了メールが送付されますので、マイページにログインの上、お楽しみください。

<ポイントについて>
※ ポイントは各商品の税込価格に対して計算されます。(1円未満の端数は切り捨てになります)
※ 電子書籍のポイント数は、電子書籍定価に対して計算されます。