ハーレクイン・シリーズ定期購読 デラックスコース


デラックスコース

4月刊 / 7,8冊セット(月15冊)
通常価格 10,650円以上(税込)
定期購読価格 9,590円(税込)
送料無料 / 10%オフ!
締め切りました


ロマンス、イマージュ、ディザイアの中から厳選された7,8冊を月に2回(計15冊)お届けします。




配送スケジュール

■4月5日刊 発送日―3月21日(火)
■4月20日刊 発送日―4月6日(木)
■5月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
3月10日(金)~
受注締切
4月10日(月)

午前9時30分
5月5日刊
4月20日(木)
5月20日刊
5月9日(火)

■6月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
4月7日(金)~
受注締切
5月15日(月)

午前9時30分
6月5日刊
5月25日(木)
6月20日刊
6月8日(木)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

4月のデラックスコース

5日刊

拒めない誘惑
ペニー・ジョーダン

シンデレラ失格
ミシェル・スマート

億万長者の無垢な薔薇
メイシー・イエーツ

コルシカに囚われて
アン・ウィール

氷の富豪が授けた天使
アンナ・クリアリー

ボスとの熱い一夜は秘密
エリザベス・レイン

絆のエンジェル
キャロル・マリネッリ

愛されない妻
カレン・ヴァン・デア・ゼー

20日刊

熱砂に囚われた小鳥
マヤ・ブレイク

靴のないシンデレラ
ジェニー・ルーカス

ギリシア大富豪の略奪
スーザン・スティーヴンス

富豪が残したあの夜の証
キャサリン・マン

愛の秘薬はいかが?
アン・メイジャー

大富豪の秘密の婚約者
キャンディ・シェパード

結婚する理由
ベティ・ニールズ


5日刊

拒めない誘惑
拒めない誘惑

ペニー・ジョーダン
(R-3234)
2017/4/5刊

やさしさは誘惑。もう逃げられない。 二人の出会いは運命だから。

ロージーは大おばを亡くし、遠縁の親戚の家に身を寄せていた。
けれど家主との不倫を疑われて、思わずそこを飛び出してしまう。
彼女は見知らぬ土地で、働き口もない不安から、
偶然出会ったカラムという男性にすべてを打ち明けた。
すると彼はロージーに仕事をくれたうえに、驚くべき提案をする。
「僕が君の恋人のふりをし、不倫の疑いを晴らす」というのだ。
カラムはどんな女性でも落とせないと評判の、冷ややかな男性だ。
その彼のそばに昼は秘書として、夜は恋人としている……。
男性恐怖症で、キスの経験もない私にできるかしら?
シンデレラ失格
シンデレラ失格

ミシェル・スマート
(R-3235)
2017/4/5刊

彼が后に迎えるのは愛なき王族の娘。 愛ある愛人の出る幕はない。

ヨーロッパの小国アゴンの王宮博物館の学芸員エイミーは、
皇太子ヘリオスと惹かれ合い、秘密の関係を持つようになった。
しかし、いずれ国王になる彼は王族から后を迎えねばならず、
二人の関係は初めから彼の結婚が決まるまでと限定されていた。
そんなとき、ヘリオスの后選びのための舞踏会の開催が決まった。
思いがけない胸の痛みに、彼への愛を再認識したエイミーは、
別れを告げられる前にみずから身を引き、アゴンを出ようとする。
だがヘリオスは無情にも愛人を続けるよう迫ると、厳しく告げた。
「逃げたいなら逃げればいい。僕がすぐに君を連れ戻す」
億万長者の無垢な薔薇
億万長者の無垢な薔薇

メイシー・イエーツ
(R-3236)
2017/4/5刊

甘美な夢に溺れていたい──あなたの記憶が戻る日までは。

父の命令に従い、ローズは愛なき結婚をした。
夫となったのはレオン・カリディス──情熱的な黒い瞳の、傲慢でセクシーな億万長者だ。
ローズはさえない少女だった頃から密かに彼に恋していたが、
結婚式の夜、汚れなき妻の待つ部屋にレオンは現れなかった。
それから2年経ってもレオンは外出がちで、妻に指一本触れなかった。
惨めで孤独な日々に耐えかねたローズが離婚を決意した矢先、
レオンは交通事故に遭い、いっさいの記憶を失ってしまう。
別人のように優しい彼は激しく妻を求め、ローズは甘い衝撃に震えた。
コルシカに囚われて
コルシカに囚われて

アン・ウィール
(R-3237)
2017/4/5刊

コルシカの大富豪に連れ去られた清き乙女の運命は──?

裕福な夫妻にベビーシッターとして同行し、
順調にヨーロッパ周遊旅行を続けていたポリー。
ところが嫉妬深い妻から夫を誘惑したと疑いをかけられ、
突然解雇されてしまう。弟になけなしのお金を貸した直後で南仏からイギリスに帰る旅費もなく、困り果てていたところ、
イタリア系の魅力的な男性に出会った。
ラウルという名の彼は、後見している子の世話を頼みたいと言い、
豪華なクルーザーにポリーを招待した。だがふとした隙に船は出航、
気づけばポリーはコルシカ島の城で囚われの身となり……。
氷の富豪が授けた天使
氷の富豪が授けた天使

アンナ・クリアリー
(D-1749)
2017/4/5刊

嵐のような、たった一夜の恋。 新たな命を授かったのは運命なの?

「ぼくに会いに来たんだね」
高級なスーツに長身を包み、黒い瞳に怒りを燃え立たせたリュックは、
そう言ってシャリの唇を奪った。
ひと月前、シャリは大企業の重役リュックとパーティで出会い、
一夜の熱い恋におちた。
皮肉なことにリュックは、暴力をふるっていた元婚約者のいとこだった。
その事実を知ってシャリがまだ婚約中と誤解したリュックは、
彼女の愛を疑って冷たくなじり、去っていったのだ。
彼に会いたくはなかった。でも、きちんと言わなければ。
“わたしのおなかには、あなたの赤ちゃんがいるの”と……。
ボスとの熱い一夜は秘密
ボスとの熱い一夜は秘密

エリザベス・レイン
(D-1750)
2017/4/5刊

ボスに愛を打ち明ける前に、 まさか……こんなことが起きるなんて!

幼い頃に両親を亡くしたテリは学生のときに兄も失った。
そんな彼女を雇ってくれたのは、亡き兄の親友バック・モーガン──
自らの力でリゾート運営会社を設立した裕福な男性だ。
テリは14歳のときからバックに恋心を抱いているが、
プレイボーイの彼には、ただの秘書としか見られていない。
それなのにテリは、ある日、一線を越えてしまった。
頭痛薬ののみすぎで意識が朦朧とした彼に求められるまま、
ベッドをともにしてしまったのだ! でも、彼はすぐ眠ったから何も覚えていないはず。相手が私だということも。
ところが翌日、バックの態度が以前と違うことにテリは気づき……。
絆のエンジェル
絆のエンジェル

キャロル・マリネッリ
(I-2461)
2017/4/5刊

彼には言えない──天国の子のこと。 そして、彼の子を身ごもったこと。

7年前、キャットは赤ん坊を早産のすえに2日で亡くし、
婚約者とも破局して、悲しみをかき消すように仕事一筋に生きてきた。
ある日、出張先のバルセロナで同じ医師のドミニクと出会い、
美しい彼に惹かれるまま情熱的な一夜を過ごす。
一夜限りとわかっているけれど、もっと一緒にいたい……。
けれど、何か秘密を抱えているようすの彼を信じきれず、
けっきょくは後味の悪い別れを迎えたのだった。
やがて思いがけぬ妊娠が発覚し、脳裏に7年前の恐怖がよみがえったが、
キャットはドミニクには知らせず、一人で産む決心をする。
だが産休中の代診医として現れたのは、ほかでもないドミニクだった!
愛されない妻
愛されない妻

カレン・ヴァン・デア・ゼー
(I-2462)
2017/4/5刊

いつから心まで離れてしまったの? ずっとあなたのそばにいたかったのに。

父の住む異国で開かれたパーティで、ニッキーは思わぬ人物と再会した。
女性たちの目を引きつけてやまないその男性とは、
かつて彼女が熱い恋に落ちて結婚したものの、4年前に別れたブレイク。
仕事で世界中を飛びまわる彼との生活はすれ違いの連続で、
愛されていないと感じた彼女は悲痛な思いで離婚を申し出た。
心の中では、“お願いだから、止めて”と叫びながら。
しかし必死の祈りもむなしく、彼はあっさりと承諾したのだった。
とうに葬ったはずの悲しみに襲われ、その夜、ニッキーは枕を濡らした。
だが衝撃はそれにとどまらず、翌日、何者かに誘拐された彼女は、
背後から囁かれる声に凍りついた──それは、冷たい元夫の声だった。

20日刊

熱砂に囚われた小鳥
熱砂に囚われた小鳥

マヤ・ブレイク
(R-3238)
2017/4/20刊

あの夜の選択が私にもたらしたのは、 深い罪悪感と予期せぬ小さな命。

慈善事業を行う財団の代表を務めるアレグラは、
余命わずかな最愛の祖父から、ある願いを託される。
かつて手放した秘宝の箱を、砂漠の国ダル・アマンの国王から取り戻してほしいというのだ。アレグラは財団の調査という名目でなんとか国王ラヒムとの面会まで漕ぎつけるが、
会うなり彼の男性的な魅力と圧倒的なオーラの虜になってしまう。
このままではだめ。でもラヒムにどう切りだせばいいの?
深夜、アレグラは偶然にも宮殿内で箱を見つけて歓喜するが、
ふと人影に気づいて震えた。燃える目をしたラヒムが立っていた!
靴のないシンデレラ
靴のないシンデレラ

ジェニー・ルーカス
(R-3239)
2017/4/20刊

純潔を捧げた億万長者に、 結婚の条件を突きつけられて……。

「助けて! 雇い主に私たちの赤ちゃんを奪われそうなの!」
大聖堂に駆け込んだスカーレットは2000人の列席者の背後から叫んだ。
祭壇に立つ花婿はイタリア出身の辣腕経営者ヴィン・ボルジア──
8カ月前、バーで出会った彼の魅力に抗う術もなく純潔を捧げた翌朝、
彼の身分を知ったスカーレットは名前も告げずに姿を消したのだった。
突然の珍客に驚きながらもヴィンは彼女を追ってきた雇い主を追い払い、
政略結婚を取りやめて、スカーレットに父親鑑定と婚前契約を要求した。
屈辱的でがんじがらめの条件のもとに、愛なき結婚をするなんて……。
傲慢でセクシーな黒い瞳に見据えられ、彼女の心は千々に乱れた。
ギリシア大富豪の略奪
ギリシア大富豪の略奪

スーザン・スティーヴンス
(R-3240)
2017/4/20刊

父が遺した会社を救うため、 彼女は非情な億万長者の罠に身を投じた。

リーザが亡き父から受け継いだ会社は破産の危機に瀕していた。
立て直そうと奔走する彼女のもとに、ある日支援の申し出が届く。
ティノ・ザゴラキス──世界的に有名なギリシア人大富豪だった。
ところが彼の真の狙いは支援ではなく、会社の乗っ取りだとわかり、
リーザは愕然とした。このままではすべてを彼に奪われてしまう。
彼女は直談判するため、ティノが住むエーゲ海の島に向かうが、
待ち構えていた彼はリーザに5日間の滞在を許すと、
その間にあらゆる手を使って僕を説得してみればいいと挑発する。
まるでリーザがその挑戦を拒めないと確信しているかのように。
富豪が残したあの夜の証
富豪が残したあの夜の証

キャサリン・マン
(D-1751)
2017/4/20刊

熱く燃えた夜の、思いがけない代償。 愛のないプロポーズは切なくて……。

エリカは決意を胸に、生まれ育った北欧の国を離れ、
アメリカに渡った。ある大富豪の男性に──おなかの子の父親で海運会社の御曹司、ジェルヴェに会うために。
3カ月前、エリカは逞しくハンサムな彼の圧倒的な魅力に抵抗できず、
情熱の赴くままに体を重ねた。その結果、身ごもったことを彼に打ち明け、将来について話し合わなければならない。
だがエリカが恐れたとおり、妊娠を知ったジェルヴェは即座に言った。
「ぼくと結婚してくれ」
ああ、イエスと答えられればどんなにいいか。でも無理だわ。
だって、彼はわたしを愛してはいないから……。
愛の秘薬はいかが?
愛の秘薬はいかが?

アン・メイジャー
(D-1752)
2017/4/20刊

身を切られる思いの別離から6年半。 彼女の傍らには、愛しい我が子の姿が……。

世界的大富豪の令嬢、キャシー・カルデロンは、
レイフを一目見たとたん恋におち、純潔を捧げた。
だが夢のような日々は、またたく間に終わりを告げた。
残酷すぎるレイフの裏切り。
それが父の計画とは、キャシーは知る由もなかった……。
6年後、キャシーがフランス人貴族と結婚間近と知って、
レイフは矢も楯もたまらずメキシコを訪ねた──今も忘れられない最愛の女性と、まだ見ぬ我が子に会うために。
大富豪の秘密の婚約者
大富豪の秘密の婚約者

キャンディ・シェパード
(I-2463)
2017/4/20刊

偽りの婚約者なんて演じられない──この想いは、偽りじゃないから。

噂の実業家ドミニクの豪邸の前で、アンドレアは不安に身を震わせた。
彼は世間から“守銭奴の億万長者”とのあらぬ汚名を着せられ、
自宅で盛大なチャリティパーティを開いて悪評を払拭したいという。
アンドレアは目の前に立つ並外れたオーラを放つ男性に圧倒された。
彼はすでに3人ものパーティプランナーをくびにしたかなりの難物だ。
それでもドミニクのために一生懸命プランを考え提案した結果、
無事に採用が決まり、アンドレアは胸をなでおろした。
だが、やがて彼に惹かれ始めた彼女に難題が降りかかる。
重要な契約を控え、社会的信用のため“婚約中”とうそぶいた彼が、
アンドレアに偽りの婚約者を演じるよう命じたのだ!
結婚する理由
結婚する理由

ベティ・ニールズ
(I-2464)
2017/4/20刊

結婚したきり、近づいてもくれない。 わたしは彼を愛し始めているのに……。

年金暮らしの祖父と二人きりで生きるユステイシャは、
雑用係として働く病院で、有名外科医のコーリンと出会う。
独身貴族の彼は、弟夫婦がしばらく外国へ行っている間、
預かっている幼い甥たちをもてあまして、
ユステイシャを住み込みの世話係として雇うことに。
ところが、弟夫婦が不慮の事故で他界し、状況が一変する。
遺言により後見人となったコーリンから子供たちを奪おうと、
母方の祖父母がやってきて、不在がちな彼を責めだしたのだ。
すると、コーリンの口から思いもよらない言葉が飛びだした。
「ご安心ください──ぼくとユステイシャは、まもなく結婚します」

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる