ハーレクイン・シリーズ定期購読 ハーレクインロマンスコース


ハーレクインロマンスコース

12月刊 / 月7冊
通常価格 4,970円以上(税込)
定期購読価格 4,470円(税込)
送料無料 / 10%オフ!
締め切りました


ロマンス小説の代名詞ともいえるハーレクイン・ロマンス全点をお届けするコースです。
※セット内容は決定次第掲載いたします。




配送スケジュール

■12月5日刊 発送日―11月15日(水)
■12月20日刊 発送日―11月30日(木)
■1月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
11月10日(金)~
受注締切
12月4日(月)

午前9時30分
1月5日刊
12月15日(金)
1月20日刊
1月5日(金)

■2月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
12月8日(金)~
受注締切
1月9日(火)

午前9時30分
2月5日刊
1月18日(木)
2月20日刊
2月1日(木)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

12月のハーレクインロマンスコース

5日刊

目覚めれば愛は宿り
マヤ・ブレイク

屈辱のウエディングドレス
リン・グレアム

ローマの汚れなき花嫁
メイシー・イエーツ

シチリア富豪とシンデレラ
スーザン・スティーヴンス

20日刊

気高き王と金色の乙女
マギー・コックス

妻という名の咎人
アビー・グリーン

大富豪の冷たい寝室
ジェニファー・ヘイワード


5日刊

目覚めれば愛は宿り
目覚めれば愛は宿り

マヤ・ブレイク
(R-3290)
2017/12/5刊

記憶を失っても私にはわかる。 おなかの子は愛する人の子だと。

憧れていたボス、大富豪エミリアノと恋仲になって3カ月。
シエナは、故国から戻った彼の様子に異変を感じた。
翌朝、新聞を見た彼女は理由を知ると同時にショックを受ける。
嘘よ! エミリアノが同郷の女性と婚約するなんて。 
シエナは深く傷つき、彼と暮らすペントハウスから逃げだした。
数週間後、偶然レストランでエミリアノにでくわしたシエナは、
口論のすえ転倒し、頭を打って記憶を失ってしまう。
名前すら思いだせない彼女に、医師は驚くべきことを告げた。
「あなたは妊娠しています」
屈辱のウエディングドレス
屈辱のウエディングドレス

リン・グレアム
(R-3291)
2017/12/5刊

人生のどん底でされた、屈辱のプロポーズ。 なのに、なぜ私の胸はどきどきしているの?

両親のいないピクシーは、弟が作った借金に苦しめられていた。
車を売り、安フラットに越し、生活費を切りつめに切りつめても利子を払うのがやっとで、返済の終わりは見えない。
そんなとき、ピクシーの前に突然現れたのがアポロだった。
女性関係が2週間続かないことで有名なギリシア人の億万長者は、
遺言によって、結婚し子供をつくる必要があるという。
彼は傲慢にも、ピクシーにこう言い放った。「借金があり、
弟のために苦労する君は、金で買える理想的な妻になれる」と。
彼女に選択肢はなかった。今までに一度も男性経験がなくても。
ローマの汚れなき花嫁
ローマの汚れなき花嫁

メイシー・イエーツ
(R-3292)
2017/12/5刊

“私、妊娠しているの。あなたの子よ” 信じてもらえるはずがない、初対面だもの。

貧しいウエイトレスのエスターは、
ローマで知り合った女性に代理出産を依頼された。
この報酬があれば生活を立て直し、夢だった大学にも通える……
そう思って引き受けたのに、もう子供はいらないですって?
妊娠したエスターは困り果て、赤ん坊の父親である不動産王、
レンツォ・ヴァレンティを訪ねるが、冷たく追い払われてしまう。
だが数日後、彼が突然現れて強引にエスターを屋敷に連れ帰ると、
こう告げた。「責任を取ることにした。きみは僕の妻になるんだ」
いったい何が起きたの? エスターは呆然とうなずくしかなかった。
シチリア富豪とシンデレラ
シチリア富豪とシンデレラ

スーザン・スティーヴンス
(R-3293)
2017/12/5刊

抗いがたいラテンの情熱は、 孤独な乙女に新たな命を授け……。

シチリアの大富豪ルカは、不慮の死を遂げた弟がジェニファーという天涯孤独の苦学生に莫大な信託財産をすべて遺したと聞き、耳を疑った。
金目当ての小娘の策略にはまるものか──彼は一計を案じた。
一方、そんなこととは知らないジェニファーはある日、
アルバイト先のささやかなチャリティ・オークションで自分とのデート権を出品させられ、おどおどと舞台に上がった。
イタリア系の男性が突然現れ、1万ドルを提示する。彼は誰なの?
熱く危険な視線は、無垢なジェニファーの心を一瞬で射貫き……。

20日刊

気高き王と金色の乙女
気高き王と金色の乙女

マギー・コックス
(R-3294)
2017/12/20刊

汚れなき秘書は罠に落ち、 独り愛し子を慈しみ育てた。

シーク・ザフィールの別邸の外壁からダーシーは転落した。
彼が結婚する前に息子の存在を伝えなければと焦った結果だった。
ザフィールに会うのは、彼の秘書から恋人になったダーシーがほかの重役に唇を奪われ、激怒した彼に捨てられて以来だ。
護衛とともに現れた彼は、ダーシーを抱き上げて邸内へ運んだ。
高貴な顔立ち、流れるような黒髪、心をかき乱す漆黒の瞳──
この4年、幾夜となく夢に現れたザフィールの魅力を前にひどく狼狽しながらも、ダーシーは言葉を絞り出した。
「あなたに解雇されたとき、私は妊娠していたの」
妻という名の咎人
妻という名の咎人

アビー・グリーン
(R-3295)
2017/12/20刊

禁じられた夢を見た── ご主人様に恋する夢を。

「弟を破滅させた君と、僕は結婚しようと考えている」
義兄クルスの蔑むような眼差しに、トリニティは凍りついた。
2年前、スペイン大富豪である彼のメイドだったトリニティは彼の異母弟リオから、息子たちの世話をしてくれと頼まれた。
双子の惨状を見かねて自堕落なリオと便宜上の結婚をしたが、
いま名ばかりの夫は急死し、彼女が双子の後見人となった。
彼は私が弟をたぶらかしたと信じ、悪女を監視する気なのだ……。
愛する双子を奪われたくない一心で、彼女はクルスに従った。
千々に乱れる胸の奥で、彼への恋心をもてあましながら。
大富豪の冷たい寝室
大富豪の冷たい寝室

ジェニファー・ヘイワード
(R-3296)
2017/12/20刊

この身にふたたび命を宿しても、 夫の心を虜にすることはできないの?

アンジーは大富豪ロレンツォと2年前に離婚した。
薔薇色の新婚生活は彼女の流産を機に一変してしまった。
まるで火が消えたように夫の興味は仕事に移り、
傷ついたアンジーは耐えきれずに家を出たのだった。
ところが、彼女がようやく新たな一歩を踏みだそうとした矢先、
ロレンツォが突然現れ、離婚は成立していないと断言すると、
彼女の父親の会社への援助と引き替えに復縁を迫った。
いやよ、もうあんな悲しい思いはしたくないわ。
抗うアンジーをかき抱くと、ロレンツォは熱いキスで黙らせ……。

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる