ハーレクイン・シリーズ定期購読 デラックスコース


デラックスコース

11月刊 / 7,8冊セット(月15冊)
通常価格 10,650円以上(税込)
定期購読価格 9,590円(税込)
送料無料 / 10%オフ!
締め切りました


ロマンス、イマージュ、ディザイアの中から厳選された作品を月に2回(月15冊)お届けします。





配送スケジュール

■11月5日刊 発送日―10月19日(木)
■11月20日刊 発送日―11月2日(木)
■12月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
10月13日(金)~
受注締切
11月6日(月)

午前9時30分
12月5日刊
11月15日(水)
12月20日刊
11月30日(木)

■1月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
11月10日(金)~
受注締切
12月4日(月)

午前9時30分
1月5日刊
12月15日(金)
1月20日刊
1月5日(金)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

11月のデラックスコース

5日刊

情熱の聖夜と別れの朝
リン・グレアム

愛を授かりしベネチア
キャロル・マリネッリ

暗黒王子の白き花嫁
ヴィクトリア・パーカー

大富豪と偽りのベール
ダニー・コリンズ

ボスとの熱い一夜の奇跡
モーリーン・チャイルド

なくした記憶と愛しい天使
ジョス・ウッド

秘書の小さな秘密
ジェニファー・フェイ

ナニーと聖夜の贈り物
アリスン・ロバーツ

20日刊

愛を宿したウエイトレス
シャロン・ケンドリック

聖夜に芽ばえた宝物
ミシェル・スマート

異国の君主と花売り娘
アニー・ウエスト

ナニーが恋した傲慢富豪
テレサ・サウスウィック

秘密の一夜
バーバラ・マコーリィ

億万長者の予期せぬ求婚
スーザン・メイアー

クリスマスのシンデレラ
キャンディ・シェパード


5日刊

情熱の聖夜と別れの朝
情熱の聖夜と別れの朝

リン・グレアム
(R-3283)
2017/11/5刊

偽名の大富豪は、お楽しみのつもりだった。 おなかの子は愛の証と信じていたのに。

吹雪のクリスマスイブの夜、ホリーは車が故障して困っていた。
けれど、近くの別荘に滞在するヴィトという男性のおかげで、
一晩だけ泊めてもらえることになった。
イタリア人のヴィトは大変なお金持ちらしく、貧しい自分とはなんの共通点もないのに、彼女は最初から彼に惹かれた。
だから、ずっと守ってきたバージンも捧げたのかもしれない。
家に帰って妊娠がわかっても、ホリーは運命の恋を疑わなかった。
だが知らせたいヴィトは見つからず、遊ばれたと思い知る。
悲しみの涙にくれながら、ホリーは孤独の中で出産するのだった。
愛を授かりしベネチア
愛を授かりしベネチア

キャロル・マリネッリ
(R-3284)
2017/11/5刊

ベネチアで終わったはずの恋は、 小さな奇跡を彼女にもたらした。

リディアは継父に連れられ、ベネチアの高級ホテルに来ていた。
傾きかけた家業を立て直すため、ある人物と会うのだという。
でも何かおかしい。なぜ露出の多いドレスを着る必要があるの?
答えは明白。お金と引き替えにリディアを差しだすつもりなのだ。
恐ろしくなって逃げだした彼女に、一人の男性が声をかけた。
ラウル・ディ・サヴォ──ハンサムな不動産王は彼女の話を聞き、
深く同情すると、気晴らしにと観光へと連れだしてくれた。
この夢のような時間が永遠に続けばいいのに……。意を決して純潔を捧げた彼女はやがて妊娠する。彼の残酷な真意も知らぬまま。
暗黒王子の白き花嫁
暗黒王子の白き花嫁

ヴィクトリア・パーカー
(R-3285)
2017/11/5刊

大切な息子を奪われたくない。 黒い噂のつきまとう冷酷な王子にだけは。

ついに父との約束を果たす日がやってきた。
ルシアーナはこれから、政略結婚の相手と正式に婚約するのだ。
5年前、彼女は酔漢から救ってくれたセインと恋に落ちた。
だが、彼がルシアーナの一族の敵、ガランシア国の王子だと気づき、
泣く泣く黙って姿を消した──妊娠しているとも知らずに。
秘密裏の出産と引き替えに、ルシアーナは冷酷な父と取り引きした。
母子で過ごすのは5年間だけ。あとは言いなりになると。
まさにプロポーズを受ける瞬間、別の男の人影が現れた。セイン!
凍りつく彼女をリムジンに押し込むと、セインは悠然と走り去った。
大富豪と偽りのベール
大富豪と偽りのベール

ダニー・コリンズ
(R-3286)
2017/11/5刊

私は駆け落ちした妹の身代わり。 ベールの奥の素顔は誰にも見せない。

まさか、船が動いている! ヴィヴェカは窓の外を見て慌てた。
ここは豪華なクルーザーの船内、持ち主はミコラス・ペトライデス。
今日、妹が政略結婚するはずだったギリシアの大富豪だ。
ヴィヴェカは不憫な妹のために、花嫁になりすまして祭壇に立ち、
妹が恋人と逃げおおせるまでの時間稼ぎをする予定だった。
ところがすぐにミコラスに見破られ、この船に連れてこられた。
密室で男性と二人きりになり、無垢なヴィヴェカの体がこわばる。
それを知ってか知らずか、ミコラスは傲慢な口調で宣言した。
「代わりに僕と結婚してもらう。寝室に移ろう」
ボスとの熱い一夜の奇跡
ボスとの熱い一夜の奇跡

モーリーン・チャイルド
(D-1777)
2017/11/5刊

ただの秘書としか見てもらえない私。 彼の恋人になる夢が叶う日はくるの?

秘書として休みもなく働き、ボスに尽くしてきたアンディは、
その日ついに覚悟を決めた。「辞めるわ。今日が最後よ」
彼女はハンサムで魅力的な大富豪の社長、マックに恋していた。
このまま想いに気づいてもらえず、
オフィスの備品も同然に扱われ続けるのは耐えられない。
永遠に会社を去ろう。愛する男性のもとを……。「さようなら」
だが、傲慢で自信家のマックは目をぎらつかせて告げる。
「きみを手放すつもりはない。きっときみは考え直すだろう」
説得の場はいつしか親密な空気に包まれ、二人は体を重ねる。
その夜、アンディが授かったものは……。
なくした記憶と愛しい天使
なくした記憶と愛しい天使

ジョス・ウッド
(D-1778)
2017/11/5刊

独身主義を公言してはばからない彼には、 あの奇跡の一夜で身ごもったことは秘密。

美術鑑定士のパイパーは父親の経済的苦境を救うため、
家宝の宝石を売ろうと出張先のミラノの宝石店を訪れた。
そのときたまたま応対したのが魅惑的な社長イェーガーだった。
互いに一目惚れした二人は、食事を共にし、その夜結ばれる。
パイパーは妊娠したが、その後なぜか彼には連絡がつかなくなった。
1年半後、父の借金のかたに自宅を差し押さえられた彼女は、
今度こそ家宝を売ろうとついにイェーガーのもとを訪れる。
だが、彼は事故にあい、パイパーとの一夜の記憶を失っていたのだ。
パイパーは打ちひしがれた。結婚も子供も望まないという彼に、
どうやって最愛の息子のことを打ち明ければいいの?
秘書の小さな秘密
秘書の小さな秘密

ジェニファー・フェイ
(I-2489)
2017/11/5刊

愛なき結婚で子供を傷つけるくらいなら、 一人でもこの子を幸せにしてみせる……。

社長フィンの仕事を手伝ったお礼に、ホリーは自宅での夕食に招かれた。
以前より密かに惹かれていたこともあり、自然に彼と夜をともにする。
だが独身主義の彼は、一度限りのことだと冷たく彼女を突き放した。
ある日、新婚旅行へ行く社長秘書に代役を頼まれ、
ホリーは急遽、フィンのカリブ海出張についていくことになる。
そこで垣間見たのは、クリスマス嫌いを公言しながら、
恵まれない子供たちに贈り物をする活動を始めた彼の優しさだった。
これ以上好きになっても傷つくだけ。なのに、ますます惹かれてしまう。
恋のジレンマに胸を痛めるホリーだったが、
ある朝、突然吐き気を覚え、バスルームに駆けこんだ──ああ、まさか!
ナニーと聖夜の贈り物
ナニーと聖夜の贈り物

アリスン・ロバーツ
(I-2490)
2017/11/5刊

私にはもう、限られた時間しかない。 だから、最後で最高のクリスマスを。

「ここで子供たちのお世話をするのが本当に楽しみです」
青白い顔のエマがほほえむと、医師のアダムは冷ややかにうなずいた。
3年前の12月に妻に先立たれて以来、この時季はいつも不機嫌らしい。
おかげで幼い双子は家族でクリスマスを祝ったことがないという。
そんな彼らの屋敷に住み込みのナニーとして雇われたエマは、
実は難病の治療が一段落したところで、密かに死を覚悟していた。
全力で双子を愛し、懸命に楽しいクリスマスを贈ろうとするエマに怒りを見せるアダムだったが、やがて彼女の優しさに癒やされていく。
これが私の人生最後のクリスマスなら、最高のものにしたい。
そう強く心に願ったエマは、彼に無私の愛を捧げるが……。

20日刊

愛を宿したウエイトレス
愛を宿したウエイトレス

シャロン・ケンドリック
(R-3287)
2017/11/20刊

愛情も結婚も望まない。 それが愛人の掟だった。

ナイトクラブでウエイトレスをしていたダーシーは高名なイタリア富豪レンツォ・サバティーニに見初められ、
抗うすべもなく純潔を奪われて彼の秘密の愛人になった。
無上の喜び以外は与えられない、ベッドの上だけの逢瀬──
切なさに別れを決意した彼女を、レンツォは別荘へ招待する。
ふたりは美しいトスカーナの地で恋人同士のように過ごすが、
目もくらむほどの幸福の果てにダーシーは無残に捨てられる。
私のような女には、彼に愛される価値なんてない……。
彼女は静かに姿を消した。傷つき疲れて、小さな命を育みながら。
聖夜に芽ばえた宝物
聖夜に芽ばえた宝物

ミシェル・スマート
(R-3288)
2017/11/20刊

一族のために尽くす“人形”── そんな彼女に訪れた小さな奇跡。

クリスマスの朝、カタリナは愕然とした。
まさか妊娠してしまうなんて……ナサニエルの子を。
カタリナはお金と政治にしか興味のない父のモンテクルール大公や兄からむごい仕打ちを受け、夢も希望も失っていた。
そんなとき、あるパーティで大富豪ナサニエルとダンスをし、
彼から人生で初めて特別な女性として扱われ、誘惑されて、
一夜かぎりと心に決め、純潔を捧げたのだった。
激怒した大公はカタリナとナサニエルの結婚を強引に進めるが、
夫になった彼は別人のように冷淡で、彼女には指一本触れず……。
異国の君主と花売り娘
異国の君主と花売り娘

アニー・ウエスト
(R-3289)
2017/11/20刊

まばゆい恋の残り火に、 身も心も焼き尽くされて……。

「シャキル……?」ロンドンのザラット大使館のパーティでシーク・イドリースを紹介され、アーデンはめまいを覚えた。
端整な顔立ち、官能的な唇、なぜか軽蔑のにじむ褐色の瞳──彼は私の人生を一変させて消息を絶ったシャキルその人だ。
4年前、旅先で惹かれ合った二人は夢のような1週間を過ごし、
パリで落ち合う約束をしたが、ついに再会は果たせなかった。
アーデンは彼への想いを胸に、彼の子を独りで産み育ててきた。
偽名を使った火遊びだったと知って深く傷つきながらも、
アーデンは翌朝訪ねてきた彼と熱い口づけを交わしてしまい……。
ナニーが恋した傲慢富豪
ナニーが恋した傲慢富豪

テレサ・サウスウィック
(D-1779)
2017/11/20刊

彼にはお金が、私には愛がある。 だから、彼への想いは知られてはだめ。

保育士のリビーのもとに、その日届いた悲報──
リビーに5歳の愛娘モーガンを預けて旅立った親友夫妻が、
不運にも異国で命を落としたというのだ。
あろうことか夫妻が法定後見人に指定していたのは、
傲慢で軽薄なプレイボーイ、ジェスだった。
ラスベガスで最も裕福でハンサムな実業家のジェスを親友夫妻の結婚式でひと目見た瞬間、リビーは彼に夢中になったが、
思わせぶりな言動をとるだけで、彼が誘ってくることはなかった。一度も。
あんな遊び人にモーガンを託すわけにはいかないわ。
リビーはモーガンのそばにいるため、ナニーになることにするが……。
秘密の一夜
秘密の一夜

バーバラ・マコーリィ
(D-1780)
2017/11/20刊

5年前の夢の一夜が授けた新しい命。 だが、再会した彼は私の顔さえ忘れていた。

名うてのプレイボーイ、ニック・サントスは、
食料品店ですばらしい美女を見かけ、思わずあとを追った。
こっちを向いてくれ……。ニックの祈りが通じたのか、彼女が振り向いた。
その女性と目が合った瞬間、ニックは彼女を落とすことを心に決めた。
マギーは食料品店の真ん中で凍りついた。ニックが町に帰っていたなんて。
しかも魅惑的な笑みを浮かべ、こちらに向かって歩いてくる。
学生時代、地味だったマギーにはニックは憧れの存在でしかなかったが、
5年前、思いがけず彼と一夜を過ごし、新しい命を宿した。
でも、彼はその事実を知らない。私が誰かも覚えていないのだ……。
億万長者の予期せぬ求婚
億万長者の予期せぬ求婚

スーザン・メイアー
(I-2491)
2017/11/20刊

不機嫌な大富豪がふと見せた笑顔。 でも心の奥までは見えなくて……。

グレナディ国の王女付き秘書官のクリステンにとって、
アメリカ人の天才実業家ディーンが最後の頼みの綱だった。
祖国の景気回復のため、彼の企業を誘致しなければならないのだ。
パリのホテルでつかまえた彼は目を奪われるようなハンサムだったが、
傲慢との評判どおり無愛想で冷たく、彼女のことなど歯牙にもかけない。
恐怖に震えつつも、クリステンは話を聞いてほしいと食いさがった。
すると、リムジンの中で聞く、飛行機の中で聞くと言われながら、
けっきょく話す機会を与えられないままニューヨークに着いてしまった。
そして、振り回され疲れ果てた彼女に、彼は思いがけない提案をする──
「10万ドル払うから、今夜僕とパーティーに出席してほしい」
クリスマスのシンデレラ
クリスマスのシンデレラ

キャンディ・シェパード
(I-2492)
2017/11/20刊

あなたがくれた美しいドレスや宝石。 でも時がくれば、私は貧しい娘に戻る……。

訳あって逃げるようにロンドンへやってきたアシュリーは、
安宿住まいを続けながら通いのメイドとして働いている。
しかし、冬のこの時季は宿泊代が高騰し、もう限界だ。
当てにしていた友達の家にも泊めてもらえなくなり、
彼女は高級住宅地にある派遣先の豪邸に住み込むほかなくなった。
家の主であるギリシア人大富豪のルーカス・クリストフェデスは、
クリスマスが終わるまでここには来ないというから、きっと大丈夫。
ところがある日、不意に帰宅したルーカスに見つかってしまう。
警察に突き出されると怯えるアシュリーに向かい、彼は言い放った──
この借りを返すには、ぼくの恋人のふりをしろ!

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる