ハーレクイン・シリーズ定期購読 ハーレクインロマンスコース


ハーレクインロマンスコース

7月刊 / 月7冊
通常価格 4,970円以上(税込)
定期購読価格 4,470円(税込)
送料無料 / 10%オフ!
締め切りました


ロマンス小説の代名詞ともいえるハーレクイン・ロマンス全点をお届けするコースです。





配送スケジュール

■7月5日刊 発送日―6月22日(木)
■7月20日刊 発送日―7月6日(木)
■8月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
6月16日(金)~
受注締切
7月7日(金)

午前9時30分
8月5日刊
7月20日(木)
8月20日刊
8月8日(火)

■9月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
7月14日(金)~
受注締切
8月10日(木)

午前9時30分
9月5日刊
8月24日(木)
9月20日刊
9月7日(木)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

7月のハーレクインロマンスコース

5日刊

孤独な城主と囚われの娘
ペニー・ジョーダン

イタリア富豪の熱愛
レイチェル・トーマス

不器用なシンデレラ
キャシー・ウィリアムズ

公爵の秘密の世継ぎ
メイシー・イエーツ

20日刊

愛なき億万長者の嫉妬
マヤ・ブレイク

清く儚い愛人
シャロン・ケンドリック

聖母と嘆きのギリシア富豪
ジェイン・ポーター


5日刊

孤独な城主と囚われの娘
孤独な城主と囚われの娘

ペニー・ジョーダン
(R-3255)
2017/7/5刊

一夜だけでいい、あなたの愛が欲しい。 切なる願いは、非情な城主に届くのか?

土曜日、ローズマリーは朝から不安だった。
兄夫婦の死後、彼女が育てている3歳の甥を引き取りたいと、
義理の姉の兄ニコラスが突然、連絡してきたのだ。
葬儀にも顔を見せなかった人がどうして?
石油王として知られる億万長者の彼は、結婚の意思はないが、
血のつながった後継者が欲しいという。
お金のことしか考えない冷たい男性に、あの子は渡せない。
でも、ニコラスの条件に従って甥とともに城に移り住めば、
私は人生を諦めることになる。彼への思いも封印して……。
イタリア富豪の熱愛
イタリア富豪の熱愛

レイチェル・トーマス
(R-3256)
2017/7/5刊

純潔を捧げたイタリア富豪に、 愛なき結婚を強いられて……。

「君のおなかに僕の子がいる以上、結婚するしかない」
仕事の都合で妻を必要としているダンテの苦々しげな言葉に、
パイパーははるばるローマまでやってきたことを悔やんだ。
2カ月前、パーティ会場でウエイトレスをしていたパイパーは
彼の誘惑に抗う術もなく純潔を捧げ、小さな命を宿したのだった。
悪名高いプレイボーイ富豪のゴシップ報道を沈静化するため、
彼と熱烈に愛し合っている婚約者のふりをするなんて……。
とまどい、傷つきながらもパイパーは契約書にサインした。
わが子の人生に愛情深い父親を与えてやりたい一心で。
不器用なシンデレラ
不器用なシンデレラ

キャシー・ウィリアムズ
(R-3257)
2017/7/5刊

男性不信の地味な彼女が、 大富豪の婚約者に仕立てられ……。

コッツウォルズのコテージで一人静かに暮らすレベッカ。
大学時代の片思いの相手を美人の妹に奪われてから、
傷心を癒やすように引きこもり、恋愛も結婚も遠ざけていた。
ある日玄関のベルが鳴り、見知らぬハンサムな男性が訪ねてきた。
田舎にそぐわない派手な高級車と、ひと目で上質とわかる服。
危険な雰囲気を漂わせる大富豪、テオに警戒心を抱きつつも、
レベッカはなぜか激しく惹かれて一夜をともにしてしまう。
二度と会わないと誓って別れた後、思いがけない電話がかかった。
テオの母のため、彼と熱烈な恋人同士を演じてほしいというのだ。
公爵の秘密の世継ぎ
公爵の秘密の世継ぎ

メイシー・イエーツ
(R-3258)
2017/7/5刊

彼が運命の人に思えたのは、 仮面舞踏会の魔法のせいなの?

親が決めた政略結婚を間近に控えたアレグラは、
気の進まないまま、仮面舞踏会に出席していた。
そんな彼女の前に仮面の男性が颯爽と現れ、ダンスを申し込んだ。
まるで運命の導きのように二人の波長はぴたりと合い、
気づけば彼に促されるまま、ベッドへ運ばれようとしていた。
今夜は最初で最後の特別な夜。二度と彼に会うこともない……。
数週間後、妊娠した彼女は仮面の男性の正体を調べて愕然とした。
クリスチャン・アコスタ──嘘でしょう? 兄の親友で、
スペイン一の傲慢な公爵がおなかの子の父親だなんて!

20日刊

愛なき億万長者の嫉妬
愛なき億万長者の嫉妬

マヤ・ブレイク
(R-3259)
2017/7/20刊

傲慢で、気分屋で、嫉妬深いボス。 なのになぜ、彼への想いが止まらないの?

両親の経営する広告会社で働くエリーズは、
スペイン大富豪アレハンドロから仕事のパートナーに指名された。
この仕事を成功させれば、父も母もきっと喜んでくれるはず。
明るい希望を胸に、彼女はアレハンドロの会社へと出向くが、
いきなり彼から見当違いな罵声を浴びせられ、ショックを受けた。
「男性社員といちゃつくのはよせ。ここは恋人探しの場ではない」
仕事の話をしていただけよ。エリーズは抗議しようとしたが、
アレハンドロの燃える瞳に射すくめられ、陶然としてしまう。
しかも、なぜか彼は出張に同行するようエリーズに厳しく命じ……。
清く儚い愛人
清く儚い愛人

シャロン・ケンドリック
(R-3260)
2017/7/20刊

たった1日だけのシンデレラ。 ささやかな望みを、どうか叶えて。

空港で搭乗を待つウィローは、ハンサムな男性に声をかけられた。
彼はダンテ・ディ・シオーネと名乗り、澄んだ青い瞳を輝かせると、
顔を赤らめて戸惑うウィローの心を瞬時に開いて惹きつけ、
去り際には大胆にキスまで奪って消えていった。
私は夢でも見ているの? だがウィローの物思いはすぐにさめた。
彼の鞄を取り違えて持ち帰ってしまったことに気づいたのだ。
しかも驚いたことにダンテは名門一族の大富豪だとわかった。
もしも彼が私の恋人として姉の結婚式に同席してくれたら、
どんなに素敵だろう。1日だけでいい、お願いしてはだめかしら?
聖母と嘆きのギリシア富豪
聖母と嘆きのギリシア富豪

ジェイン・ポーター
(R-3261)
2017/7/20刊

わたしは単なる代理母──なのに、 おなかの子も、彼も愛し始めている。

ジョージアは宣教師の両親を不慮の事故で亡くし、
妹を養うため、自ら卵子提供して代理母となる道を選んだ。
契約相手は子どもの父となるギリシアの大富豪ニコス・パノス。
妊娠6カ月を迎えたころ、ニコスから驚きの連絡があった。
生まれてくる子どもにギリシアの市民権を与えるために、
彼の住むエーゲ海の孤島へ渡り、そこで出産しろというのだ。
追加の報酬さえあれば、もう妹の将来を心配しなくて済む──
専用機で島に飛び、初めてニコスと対面したジョージアだったが、
図らずも彼の美しさと、その身にまとう孤独の影に心奪われ……。

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる