ハーレクイン・シリーズ定期購読 ハーレクインロマンスコース


ハーレクインロマンスコース

5月刊 / 月7冊
通常価格 4,970円以上(税込)
定期購読価格 4,470円(税込)
送料無料 / 10%オフ!
締め切りました


ロマンス小説の代名詞ともいえるハーレクイン・ロマンス全点をお届けするコースです。





配送スケジュール

■4月5日刊 発送日―3月21日(火)
■4月20日刊 発送日―4月6日(木)
■5月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
3月10日(金)~
受注締切
4月10日(月)

午前9時30分
5月5日刊
4月20日(木)
5月20日刊
5月9日(火)

■6月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
4月7日(金)~
受注締切
5月15日(月)

午前9時30分
6月5日刊
5月25日(木)
6月20日刊
6月8日(木)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

5月のハーレクインロマンスコース

5日刊

ティアラは世継ぎのために
シャロン・ケンドリック

星屑のシンデレラ
シャンテル・ショー

億万長者とかりそめの愛を
アニー・ウエスト

大富豪の情熱の流儀
ジェニファー・ヘイワード

20日刊

大富豪と灰かぶりの乙女
ジュリア・ジェイムズ

嘆きのエンゲージリング
レイチェル・トーマス

メイドを娶った砂の王
ケイト・ウォーカー


5日刊

ティアラは世継ぎのために
ティアラは世継ぎのために

シャロン・ケンドリック
(R-3241)
2017/5/5刊

私は世継ぎを産むための器。 それが大公妃のティアラに隠された真実。

地中海の公国の君主ルチアーノと2年ぶりに再会したとき、
リサはわが目を疑った。
ベッドの相手でしかなかった私に、今さらなんの用が?
厚かましくも、ルチアーノはリサをまた誘惑する気でいた。
そして怒りを覚えながらも……彼女は一夜をともにしてしまう。
しかし関係をやり直す気どころか、彼は許嫁である隣国の王女と結婚する前に、リサと楽しみたかっただけだった。
なんて傲慢な人。涙ながらに、リサは彼を追い出す。
だが彼女の妊娠を知るなり、ルチアーノはふたたび現れた。
星屑のシンデレラ
星屑のシンデレラ

シャンテル・ショー
(R-3242)
2017/5/5刊

彼は私をこう呼んだ。 “完璧に都合のいい愛人”と。

“イタリアのプレイボーイ”と名高い大富豪レアンドロに勤め先のバーで見初められ、マーニーは彼と同棲を始めた。
昼夜を問わず求めてくる彼との、めくるめく愛の営み──
だが、彼は決してマーニーを公の場に同伴しなかった。
1年が過ぎ、ふたりの関係に疑問を感じ始めた矢先、
ふとした諍いから彼が発した言葉にマーニーは衝撃を受ける。
きみは愛人だ。この先ぼくの妻になることはない……。
深く傷ついたマーニーはレアンドロの屋敷をあとにした。
お腹のなかに新たな命が宿っているとは夢にも思わずに。
億万長者とかりそめの愛を
億万長者とかりそめの愛を

アニー・ウエスト
(R-3243)
2017/5/5刊

逃げた姉の身代わりとして、 億万長者と結婚するなんて……。

幼いころから美人の姉や優秀な弟と比較され、
横暴な父に蔑まれ続けてきたエラは窮地に陥っていた。
破産寸前の父が、娘と大物実業家ドナートの結婚を画策したのだ。
地味な看護師の私など、億万長者が相手にするはずがないのに。
だが父はエラの弟が懸命に貯めた事業資金まで使い込んでおり、
ドナートから資金援助を受けた暁にはそのお金を返すと言う。
仕方なく彼に会ったエラはその強烈な魅力に驚き思わず反発する。
そんな彼女にドナートは言った。「僕と結婚しなければ、
君の父親は破産する。君は父親が路頭に迷ってもいいのかな?」
大富豪の情熱の流儀
大富豪の情熱の流儀

ジェニファー・ヘイワード
(R-3244)
2017/5/5刊

情事の相手にしかならない女── どんな男性も私の愛は求めない。

会社を立ちあげたばかりのアレクサンドラは、
巨大企業デカンポ社から新商品の仕事を打診されて喜んだものの、
一方で不安も隠しきれなかった。
じつはこの企画の責任者である副社長ゲイブは、
アレクサンドラの実姉の夫の弟で、すでに面識があった。
彼はなぜか初めから私に手厳しい。一緒に仕事をする気はあるの?
案の定、ゲイブから挑発的に扱われたアレクサンドラは傷つき、
溢れる感情のまま彼に詰め寄るが、それは大きなミスだった。
次の瞬間、彼女は力強い腕に抱かれ、問答無用で唇を奪われて……。

20日刊

大富豪と灰かぶりの乙女
大富豪と灰かぶりの乙女

ジュリア・ジェイムズ
(R-3245)
2017/5/20刊

彫像のように美しいギリシア富豪が、 人生の喜びを教えてくれた。

ゴージャスな大富豪マックス・ヴァシリコスにエスコートされる鏡の中の自分を見て、エレンは息が止まりそうになった。
これが“象みたいに大柄で醜い”と継姉に嘲られている私なの?
マックスが手配した美容師たちの手で美しく変身したエレンは華やかな慈善舞踏会で彼とワルツを踊り、その翌日からは彼に誘われるままカリブ海の島で夢のようなバカンスを過ごす。
夜ごと情熱的な愛撫に溺れながら、エレンは自分に言い聞かせた。
世慣れた彼にとって、これはビジネスの一環にすぎない──
私が命より大切にしている屋敷を奪うための策略なのだ、と。
嘆きのエンゲージリング
嘆きのエンゲージリング

レイチェル・トーマス
(R-3246)
2017/5/20刊

私の宝物を目の前でかすめ取った盗人に、 なぜ心まで盗まれてしまったの?

PR会社を経営するビアンカは、病に臥す祖父から家宝のブレスレットを取り戻してほしいと懇願された。
ところが、オークションに出品されていたその品は、
彼女が落札する寸前に高値をつけた人物に競り落とされてしまう。
リーヴ・ドラグノフ──ビアンカの兄の仇敵である大富豪に。
ニューヨークの社交界入りを狙う野心家の彼は、
ビアンカの弱点を見て取り、屈辱的な交換条件を持ちかけてきた。
3カ月間彼の婚約者のふりをすればブレスレットは譲る、と。
承諾したビアンカは、早速彼から責め苦のようなキスを受け……。
メイドを娶った砂の王
メイドを娶った砂の王

ケイト・ウォーカー
(R-3247)
2017/5/20刊

家族にメイド扱いされている私が妃に? シークの選択に、彼女はおののいた。

宮殿のバルコニーで、アジザは偶然に初恋の人と再会した。
当時は12歳だったナビルも、今や立派なラスタンの国王だ。
アジザのことを覚えていない彼に名を尋ねられ、
彼女はとっさにアファリム家の長女付きのメイドだと嘘をつく。
ほどなく、跡継ぎをもうけるため結婚を迫られたナビルは、
アファリム家の次女を花嫁に指名する。
その次女こそバルコニーで唇を奪いかけた娘とは知らずに。
婚礼の夜、ベールを外した花嫁の顔を見てナビルは激怒した。
「シークたる僕が、メイドと結婚するとは!」

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる