ロマンチックなフレーズを英語で言ってみよう
ハーレクインのワンポイント英語レッスン
デートの終わり、もう少し一緒にいたい時
“Would you like to come in?”
「よかったら寄っていく?」
Would you like to come in
❉英語ワンポイント・レッスン❉

レストランや映画館などでのデートを楽しんだあと、帰りがけによく使われる誘い文句です。今日のデートが楽しかったから、相手をもっとよく知りたい、もう一歩関係を進めたい、と思ったときに便利なフレーズ。
作中では、会話している場所がヴィヴの家のすぐ目の前なので、「~の中に」という意味の“in”を使って、“come in?” = 「(家の)中に入る?」という表現になっていますが、同じような意味で “come up” = 「立ち寄る、上がる」という表現に置き換えることもできます。また、家から離れた場所だったら、“Would you like to come over to my place?” = 「わたしの家まで来る(行く)?」などと誘ってみたり。
決して思いつめた感じではなく、ヴィヴのように気楽な雰囲気を醸しながらこんな一言が言えたらスマートですよね。

こちらを教材にしました!
聖夜にあふれる想い
ジェールズ・ベネット/日向ひらり 訳

クリスマス・パーティがお開きになり、ジャックはヴィヴィアナ・スミスと二人きりで歩いていた。これこそ、最も避けるべき状況だったのだが。
ジャックの経営するセキュリティ会社で働くヴィヴは、好業績を支える存在であり、彼が信頼する数少ない人間の一人でもある。

ヴィヴが自宅に招き入れてくれるだろうかなどと考えるのは、間違っている。
「本当に、送ってくれなくてもよかったのに」ヴィヴはいつもの悩殺的な笑みを浮かべた。
「今夜はすごく楽しかったわ」

楽しかったのはジャックも同じだった……。おかげでこの3時間、ひたすら自分を罵り続けているのだ。エメラルドグリーンのシルクドレスが淡い小麦色の肌を引き立て、深くくれたバックラインからのぞく露わな背中、思わず触れたくなる長く波打つスパイラルヘア……。

男なら誰しも限界点を持っているものだが、ジャックの場合、今夜のエメラルドグリーンのシルクがどうやらその限界点のようだ。
この10年というもの、ジャックは誰にも負けないぐらいいろいろと経験してきたが、たとえ禁欲主義者であったとしても、目の前の現実を直視しなければならないときはある。だから、ドレスアップしたヴィヴにどれほど心をかき乱されようとも、絶対に触れてはならないのだ。

「どうかしたの?」玄関の前まで来たとき、ヴィヴが尋ねた。
ジャックは無理やり笑みを浮かべて、首を横に振った。「べつに、どうもしないけど。なぜそんなことをきくんだ?」
「ひと晩じゅう顔をしかめてたでしょう。もちろん、あなたの不機嫌そうな顔には慣れているけど、パーティではリラックスすると思っていたの」

ヴィヴはいつも歯に衣着せぬ物言いをする。ジャックが表向きにどう振る舞おうと、実際の機嫌を見抜くのも得意だ。彼女の黒い瞳に見つめられ、ジャックは思わず事実を口にしてしまわないよう、歯を食いしばった。今夜顔をしかめていたのは、いつものように皮肉っぽい目で周囲を見ていたからではなかった。ヴィヴに注意を向ける男たちを片っ端から、鬼の形相でにらみつけていたのだ。

ほかの男に僕のヴィヴを見せてたまるか。
“僕のヴィヴ”?
違う、彼女は僕のものじゃない。
僕には死別した妻がいる。しかも、僕はヴィヴのボスだ。彼女との関係においてはそれがすべてで、それ以上になることは決してない。ドレスをまとった彼女がどれほど魅惑的であろうと。
「顔をしかめてなんかいなかったはずだ」ジャックは嘘をついた。
ヴィヴが笑う。「はいはい、そうですね、ボス」
ボス、だと? まるで、僕が互いの立場を再確認する必要に迫られていることを、知っているかのようなタイミングで。

「クリスマスがもう来週だなんて、信じられないわ」ヴィヴが鍵を取り出して鍵穴に差しこんだ。「包まなければならないプレゼントが、まだいくつかあるの。よかったら寄っていく?リボンをかけるのを手伝ってもらえると助かるんだけど」

ジャックはドアノブに置かれた彼女の手を見つめた。妻が亡くなって以来、用心に用心を重ねて自分の心を守ってきた。ヴィヴは僕を笑顔にできるただ一人の女性だ。もう何年ものあいだ、特別な何かを感じた女性は、ヴィヴ以外にいない。彼女の部屋に足を踏み入れてしまえば、その瞬間から、これまでどおりの関係を維持することはできなくなる。
「ほらまた、顔をしかめてる」ヴィヴは手のひらでジャックの頬をぽんぽんと叩くと、首をかしげて彼を観察した。「ちょっと1杯だけ飲んでいけば? プレゼントの包装を手伝わせようなんて、本気で思ってないから」

ジャックは大きく息を吸ったが、それが間違いだった。彼女がいつも漂わせているジャスミンの香りを吸いこんでしまった。
ヴィヴは自分がどれほど強い影響を僕に与えているか、明らかにわかっていない。
「僕も帰らないと」
「帰ったって、普段どおり、ただ一人で過ごすだけでしょう」ヴィヴは食い下がった。「お酒でも飲みながら、仕事以外の話をしない? 今夜だけでも」

ヴィヴは僕を誘っているのか?
いや、そういうのは彼女のやり方じゃない。彼女はもっと地に足がついている。仕事は効率的にこなすし、恵まれない子供たちを支援する活動にも携わっている。はっきり言って、とてもすばらしい女性だ。
だからなおのこと、僕みたいな男が手を出すべきじゃないのだ。

「雪が本格的に降りだしてきた。やっぱり帰るよ」
ほら、これならもっともらしく聞こえる。そう思ったものの、自分でも理解できない何かが、余計なことを言わせた。「まだ伝えてなかったかもしれないが、今夜の君はすごくきれいだ」

小麦色の肌にもかかわらず、ヴィヴの頬がピンク色に染まるのがわかった。普段はばりばりと仕事をこなし、自信に満ちあふれている彼女が見せた無垢な反応に、どうしてこうもそそられるのだろう。
「そう言うあなたも、すごくすてきよ」ヴィヴが大きな笑みとともに返す。「女性たちはみんな、あなたから目を離せずにいたもの」
ジャックがそんなことに気づくはずはなかった。彼の視線はひたすら、自分の美しい連れに向けられていたのだから。ほかのどんな女性も、彼にとっては存在しないも同然だった。

「それじゃあ、また月曜日に会社で」
そう言って立ち去ろうとしたとき、温かな手がジャックの腕に置かれた。ヴィヴがやわらかな笑みを浮かべ、背伸びをして彼の頬にキスをした。
「送ってくれてありがとう、ジャック」
彼女が建物の中へと入っていったあと、ジャックはその場に立ちつくし、表示されている部屋番号をぼんやりと眺めた。彼の中で何かが目覚めた。頬に残るなにげないキスの感触は、とうぶん忘れられそうにない。
月曜日が待ち遠しかった。

Christmas wishes
Jules Bennett

Now that the Christmas party was over, Jack was all alone with Viv. Which was the last place he should be.
Vivianna Smith worked for him. She was the backbone of his successful security business and one of the only people he trusted.

He should not be wondering if she would invite him in.
“You really didn’t have to walk me to my door.” She fl ashed him her high-voltage smile. “I had a great time tonight.”

He’d had a great time, too... and that was why he’d cursed himself for the past three hours. The emerald green silk against the dusky color of her skin, the low scoop of fabric revealing her back, the way her hair spiraled down her shoulders in waves that tempted him to touch...

Every man had a breaking point and apparently, he’d discovered his wrapped in emerald silk.
Tonight, no other woman had existed, not for him He’d been through more than anyone should over the past decade, but even a stoic man had to face reality. Viv in that dress might make him feel more than he wanted to feel, but touching her was off limits.

“Everything all right?” she asked as they reached her door.
Jack nodded, pasting a smile on his face. “Of course. Why wouldn’t it be?”
“You’ve been scowling all night. I mean, I’m used to your not-sosunny disposition, but I fi gured you’d relax at the party.”

Viv never sugar-coated her words. She always called him out on his moods. Her dark eyes met his, and Jack gritted his teeth to keep from spilling the truth. His scowl tonight was more than his usual cynicism. Any man who’d thrown Viv a look had received Jack’s death glare. No way did he want guys looking at his Viv.

His Viv?
No.
He was a widower. He was her boss. There was nothing more between them and there never could be.
“I wasn’t scowling,” he lied. Viv laughed. “Whatever you say, boss.”
Boss. She threw that word out as if she knew he needed a reminder of where they stood.

“Can you believe Christmas is next week?” She pulled out her key and slipped it in the door.
“I’ve still got presents to wrap.Would you like to come in, maybe grab some ribbon and help me?”

Jack stared at her hand on the door. He’d been so careful about guarding himself since the death of his wife. Viv was the only woman who made him smile. The only woman he’d felt, well, anything toward in years. The only woman who’d tempted him. If he crossed that threshold, he’d be crossing a line, and he knew it.
“There you go again, scowling.” She patted his cheek and tipped her head to study him. “You can just come in for a drink. I don’t actually expect you to wrap presents.”

He pulled in a deep breath,which was a mistake. He inhaled Viv’s signature jasmine scent.
She clearly had no clue about the power she held.
“I should get home.”
“You sit at home every night,” she argued. “Don’t you want to have a drink and discuss things other than work? Just this once?”

Was she fl irting with him? No,that wasn’t her style. Viv was down-to-earth. She dealt with their work effi ciently. She fostered children in need. Seriously, she was remarkable.
Even more reason that he needed to keep his hands to himself.

“The snow is really starting to come down. I should go.” There, that sounded plausible, right? Yet some devil in him wouldn’t let him leave well enough alone. “In case I didn’t tell you, you look beautiful tonight.”

Even with her dark complexion, her cheeks shone pink. Why did he fi nd that innocent response so sexy from fi erce, confi dent Viv?
“You look pretty handsome yourself,” she replied with a wide smile. “All those ladies could hardly keep their eyes off you.”
He wouldn’t know. He’d only paid attention to his stunning date. Tonight, no other woman had existed, not for him.

“I’ll see you Monday at the offi ce,” he said.
He started to step back, but she placed a warm hand on his arm. She offered him a soft smile, then leaned up to kiss his cheek.
“Thanks again, Jack.”
As she stepped into her apartment building, Jack stood outside her door and stared at the house number. Something had awakened inside him. He knew he’d feel that simple kiss on his skin for a long, long time.
Monday couldn’t come soon enough.

ワンポイント英語レッスン一覧に戻る