ロマンチックなフレーズを英語で言ってみよう
ハーレクインのワンポイント英語レッスン
“That night, I knew you were my future.”=
「あの夜、ぼくはわかったんだ、
きみこそがぼくの未来だって」
That night, I knew you were my future.
❉英語ワンポイント・レッスン❉

この一文は、《時制の一致》がポイント。
主節“I knew ~~”が過去形ならば、つづく他の部分も同じく過去形にするという、英語のルール。
なので後半部分の“(that) you were my future”はbe動詞の過去形wereが使われていますが、日本語にするときはちょっとややこしいけれども、「ぼくの未来だった」ではなく、「ぼくの未来だ」と訳すのが正解です。
作中のような愛のフレーズなら特に、正しい文法でかっこよくキメたいところ。英語で告白するときは、時制を一致させれば、好きな人と気持ちも一致させられるかも?!

こちらを教材にしました!
もう一度、あの日に戻って
シェレル・グリーン/西江璃子 訳

「マディソン、大丈夫か?」
「ええ、大丈夫よ」そんな嘘が唇からこぼれ、全身に走る寒気をこらえた。最近、ローガンには嘘ばかりついている。それもこれも、かつては幸せだった結婚生活が、形ばかりの抜けがらになってしまったせいだ。

「みんなが来る前に、着替えてくるよ」
「わかった」そう答え、階段を1段飛ばしで上がっていくローガンを見送った。なぜあれほど冷静でいられるのだろう、わたしの心はこんなに乱れているのに。あと1、2時間ほどで親しい友人たち4人がやってきたら、わたしたちの決断を伝えなければならない。もしわかってもらえなかったら?そういうわたし自身、まだわかっていないというのに。

そんな物思いにふけっていたために、背後で咳払いが聞こえるまで、ローガンが戻ってきたことに気づかなかった。彼が今着ている濃色のジーンズとネイビーブルーのTシャツは、10年前の初デートで着ていたのと同じ服だ。なぜこんなにすてきなの?でも、いくらローガンがハンサムで魅力的でも関係ない。わたしたちは離婚するのだから。

「どうしてその服を着たの?」
ローガンは肩をすくめた。「最初に目についたのを着ただけだ」視線を合わせようとしないのは、彼もまた嘘をついている証拠だ。

わたしはディナーのテーブルセッティングを始めた。そんなわたしの動きを目で追うローガンの姿が視界の端に見える。
「そのドレスは自分のブティック用にデザインしたのか?」ローガンがたずねた。

わたしは流れるようなラインのドレスを見下ろした。半年前、家族が増えることを祝う夜に着るつもりでつくったドレスだ。けれども、その後に流産がわかり、これを着る機会は失われてしまった。3年間不妊治療をがんばってきたわたしたちにとって、流産は大きなショックだった。わたしもつらかったけれど、ローガンの落ちこみようは相当なものだった。

「つくったのは半年前よ」
その言葉の意味に気づいたローガンははっと目を見開き、やがてうなずいた。
「わたしたちが離婚すると聞いたら、みんな驚くと思う?」わたしは話題を変えた。「きっと理由を知りたがるでしょうね」

ローガンは何も答えなかった。いつものことだ。流産してからというもの、4カ月前の夜に一度きりベッドをともにした以外、交わす会話はせいぜいこの程度しかなかった。

ローガンはキッチンカウンターを片づけ始めた。「何か問題があったんだと察するだろうな。離婚なんてだめだと説得にかかるだろう」

本当はわたし自身も、離婚すべきかどうかまだ迷っている。そんな本心がのどの奥から出かかっている。激しい悲しみと苦悩のあげく、離婚を切り出したことを謝りたいという気持ちが。

「覚えてる?この写真を撮ったときのこと」ローガンが口を開いた。
わたしはローガンに近づいて身を寄せ、笑みを浮かべて答えた。「もちろん覚えてるわ。大学のとき、あなたとのデートが本当に楽しかったから、友達2人にあなたを引き合わせたくなったの」
「ぼくも友人2人をきみに紹介した」
「で、トリプルデートをしようということになったのよね」
「あの夜はさんざんだったな、みんなけんかばかりで」ローガンが声をあげて笑った。彼のこんな笑い声を聞くのは何カ月ぶりだろう。「きみがウェイターに頼んでこの写真を撮ってもらったんだったな、もうこのメンバーでのトリプルデートは最初で最後だろうと思って」
「ええ、まさかこんなに続くとは思わなかったわね」
ローガンが歩み寄ってきて、わたしの頬をそっとなでた。「あの夜、ぼくはわかったんだ、きみこそがぼくの未来だって」

わたしは彼を見つめ、まばたきをしてこみ上げる涙をこらえた。彼の瞳には、ずっと長いあいだ見ることのなかった熱い思いがあふれていた。「何言ってるの?」

ローガンが見つめ返してくる。「ごめん。ぼくは長いあいだ悲しみの中に閉じこもったまま、きみに寄り添おうとしなかった」

息がつまりそうになった。ローガンが素直に心を開けるのなら、わたしにだってできるはず。「本当は離婚なんてしたくない。あなたとのあいだに距離を感じるようになって、腹立ちまぎれに言っただけなの」

「ぼくだってそうだ」ローガンが額と額を合わせた。「じつはこの服を着た理由も、ぼくたちが最初に恋に落ちたときのことを思い出してほしかったからなんだ」
「おもしろいわね。わたしがこのドレスを着た理由は、前回のときは着られなかったからなの」胸の高鳴りを抑えながらそう言うと、ローガンの目がきらりと光った。
「できたのか?」

今度はわたしも涙をこらえずに答えた。「ちょうど4カ月よ」

たちまちローガンは満面の笑みを浮かべた。その笑顔はわたしの魂の奥深くまで届いた。幸せを、新たな始まりを象徴する笑顔だ。そう、これからは何もかもうまくいくのだ、と。

(fin)

A new beginning
Sherelle Green

Madison, are you okay?”
“Yes, I’m fine.” As the lie escaped my lips, I tried to suppress the chill that ricocheted throughout my body. It wasn’t the only lie I’d told Logan lately. I suppose that’s what happens when your oncehappy marriage turns into a poor replica of itself.

“I’m changing clothes before our friends get here.”
“Okay,” I whispered, watching him take the stairs two at a time. I didn’t understand how he could be so calm when I was a nervous wreck. In a couple of hours, four of our closest friends would arrive, and we’d have to break the news to them. What if they don’t understand? I wasn’t even sure I understood our decision.

I was so engrossed in my thoughts, I hadn’t realized Logan was behind me until he cleared his throat. He’d changed into dark jeans and a navy blue Tshirt, the same outfi t he wore on our fi rst date 10 years ago. Why does he have to look so good?
He may be devastatingly handsome and incredibly charming, but none of that mattered. We were still getting a divorce.

“Why are you wearing that?” He shrugged.
“I picked the fi rst thing I saw.” He didn’t make eye contact, a sign that he wasn’t being truthful.

I began setting the dinner table. In my peripheral vision, I felt him observing me, following my every move. “Did you design that for your boutique?” he asked.

I glanced down at the fl owy dress I’d created for the night we were supposed to celebrate the expansion of our family six months ago.
The dress I never got to wear after we got confi rmation that I’d miscarried. After trying to get pregnant for three years, the news had been devastating. I’d taken the news badly, but Logan had taken it even worse.

“I designed it six months ago.”
Logan’s eyes widened before he nodded in understanding.
“Do you think our friends will be surprised that we’re getting a divorce?” I asked, changing the subject. “I assume they’ll want to know why.”

I was met by silence, which
didn’t surprise me. With the exception of one intimate night four months ago, this was the most we’d talked since the miscarriage. Logan began cleaning the kitchen counter. “I’m sure they sense something has been wrong. They won’t like our decision, so they’ll try to talk us out of it.”

I’m not even sure I want this. It was on the tip of my tongue to reveal my true feelings. To apologize for suggesting we get a divorce after such a heart-wrenching time
“Do you remember when we took this picture?” he asked.

I walked over to Logan and leaned next to him. “Of course, I remember,” I said with a smile.
“Our fi rst few dates in college were so amazing, I wanted you to meet my two friends.”

“Then I introduced you to my two friends as well.”
“So we arranged a triple date.”
“And no one got along the entire night.” Logan laughed in a way I hadn’t heard him laugh in months. “You asked our waiter to take a picture because you assumed it would be our fi rst and last group photo.”
“Who would have thought it would be the fi rst of many triple dates?”
Logan stepped closer and lightly grazed my cheek.“That night, I knew you were my future.”

I blinked back tears as I studied the emotion fl ooding his eyes.
Emotion I hadn’t seen in so long. “What are you saying?”
He held my gaze. “I’m sorry for spending so much time wrapped in my own sorrow that I neglected to be there for you.”

My breath caught in my throat. If he can be honest, so can I. “I never wanted to get a divorce. I only said that because I was angry that we’d become so distant.”
“I never wanted to either.” Logan dropped his forehead to mine. “In fact, I only wore this outfi t to remind you why you fell in love with me in the fi rst place.”
“That’s funny because I only wore this dress because I didn’t get to last time.” I tried to slow my rapidly beating heart as recognition dawned in his eyes.
“You’re pregnant?”

I didn’t hold back my tears this time. “Four months to be exact.”
The big smile that spread across his face was immediate. I felt his smile deep within my soul. It represented happiness. New beginnings. It was a sign that everything was going to be okay.

ワンポイント英語レッスン一覧に戻る