ロマンチックなフレーズを英語で言ってみよう
ハーレクインのワンポイント英語レッスン
“I kind of figured that you needed them.”=
「きみにはそんな力が必要なんじゃないかと思って」
I never wanted to be friends. I want more.
❉英語ワンポイント・レッスン❉

ここで注目したいのは、“kind of”という表現です。“kind = 種類”と考えてしまいがちですが、これは“kind of”という2語から成るイディオムで、「なんだか」や「ちょっと」といったニュアンスの婉曲表現。あらゆる会話で気軽に使える便利な言い回しです。
物語中、ライアンからつけられたニックネームにいささか驚いたキャシーに対して、彼は遠慮がちに、彼女にはスーパーヒロインが持つような力が「必要なんじゃないかと思った」と告げます。ライアンはキャシーの体調を外から推し量るしかなかったわけですから、「必要だと思った」と断言するより、前者のやわらかい表現のほうが受け入れられやすいですよね。キャシーのほうも、彼の“kind of”を真似て“I guess I kind of did.”と返答し、「まあ、そんなところかもね」という少し遠回しで含みのある肯定をしています。
ズバリと言うのは気が引ける、あるいは照れるなど、率直な言葉を避けたいとき、とりあえず“kind of”を使ってみてはいかがでしょう?
“I kind of like you.”で、相手のことを「なんか好きかも」なんて小悪魔的に伝えることもできますよ!

こちらを教材にしました!
いつものキャラメルラテを
スカーレット・ウィルソン/西江璃子 訳

公園の新緑がさわやかな香りを放ち、けさの空気はいつもより新鮮に感じる。キャシーは大きく息を吸い、帽子をぎゅっと目深にかぶった。髪は以前より濃い茶色になり、生えてきたばかりでまだ短いが、巻き毛になりかかっている。

昨夜、いい知らせを伝えてくれた医師もうれしそうだった。2度の手術と1年にわたる治療の結果、キャシーはみごと病を克服し、もう心配はいらないという。“病を克服”そんんな言葉が聞ける日がくるなんて、信じられないような気分だった

コーヒー屋台の行列に並びながら、キャシーは周囲の人々の様子を観察した。屋台の店主が顔を上げ、いつものようにキャシーに笑いかけた。この1年ずっと続いてきた習慣だ。体調が最悪なときでも、こうして公園に来ると少し気分がよくなった。あと5分もすれば、目の前の芝生の上でヨガのレッスンが始まる。運動場で遊ぶ子どもたちと親たちの様子も見える。たがいに素知らぬふりをしながら抜きつ抜かれつでジョギングしている2人の中年男性の様子にこっそり笑ったりすることもある。

「スキムミルク入りのキャラメルラテだね?」
気がつくと列の先頭に来ていた。店主が明るいブルーの瞳でキャシーを見つめている。この1年ずっと通っているから、彼女の注文はもうわかっているのだ。

キャシーがうなずくと、店主が笑みを浮かべた。「今日はどっちが勝つほうに賭ける? ティムか、それともアルか」その質問にキャシーが首をかしげると、店主は2人の中年男性のほうにあごをしゃくって肩をすくめた。「ぼくと同様、きみも毎日観察してるんだろう?」店主の目が笑っている。

やだわ、そんなにわかりやすかったかしら。「どうして2人の名前を知ってるの?」
「知らないよ。勝手に名づけただけだ。そのほうが見てておもしろいからね。この公園に来ているみんなに名前をつけてるんだ」

キャシーもつられて笑みを浮かべた。「で、どっちがどっち?」
「頭がつるつるのほうがティムで、白髪交じりの髪がちょっと残っているほうがアル」
「本当に全員に名前をつけたの?」
「ああ、そうだよ。ほら、あのちっちゃな男の子と女の子を連れた女性がいるだろう。彼女はジャニスで、子どもたちはジョーイとモニカだ」

キャシーがむせると、彼は今度は学齢の少女たちのグループを指した。
「あの子たちはキム、コートニー、クロエ」
「全部お気に入りのテレビドラマから取ったとか?」

店主はキャシーにコーヒーを手渡しながら手を振ってみせた。「べつにお気に入りってわけじゃない。いちばん似合いそうな名前をつけただけだ」

コーヒーとキャラメルのいい香りがふわりと立ちのぼる。キャシーのお気に入りの瞬間だ。香りが味覚を呼び覚まし、これから味わうコーヒーへの期待が高まる。ここ数カ月はひたすらこれだけを楽しみに生きてきたのだ。

店主の表情がほんの一瞬真剣になった。「今日はいつもより楽しそうだね」
「わたしが?」
店主がうなずいた。
キャシーは大きく息を吸った。「いい知らせがあったの。もうすぐ職場に戻れそうなのよ」
店主の表情がわずかに曇った。「じゃ、これからはあまり会えなくなるのかな?」
なんと答えたものかとキャシーは言葉につまった。「わたしにはどんな名前をつけてくれたの?」

店主は屋台を回ってキャシーの前まで来た。「きみにはいくつかつけた」
「え?」
「最初はワンダーウーマン、その次がヴォーグ、で、最後にジーナに落ち着いた」店主は屋台にもたれ、腕組みして答えた。彼とこれほど接近するのは初めてだ。屋台をはさんで会話しているうちは安心だったけれど、今は目尻の小じわも額の笑いじわも、鼻筋の小さなそばかすまでもが見えてしまう。
「スーパーヒロインの名前をわたしに?」
店主の瞳がもの言いたげにきらめいた。「きみにはそんな力が必要なんじゃないかと思って」

頭上の雲から太陽が顔を出し、キャシーは頭がむずむずするのを感じた。手を伸ばして帽子を取ると、新しく生えてきた巻き毛をやさしいそよ風がなぶった。

「ええ、そうかもね」キャシーが静かに答えた。
店主が片手を差し出した。「ライアン・ゲイツだ」

1年。ほほえみやジョークは毎日のように交わしていたけれど、丸1年かかってようやく会話が始まった。差し出された彼の手を握ると、温もりが腕を伝わってくると同時に、雲を押し分けて太陽がまぶしく照らし始めた。

「キャシー・シールズよ」

New beginnings
Scarlet Wilson

Cassie always looked forward to her caramel latte…and today it was extra-sweet

The air was a little fresher this morning, scented by the bright green buds in the park.Cassie sucked in a deep breath and tugged at her hat. Her hair was different now. Darker brown than before, and even though it was still scratchy and short, it looked as though it might have the hint of a curl.
The doctor had looked pleased yesterday when he’d given her the good news. After two surgeries and a year of treatment she was all clear. All clear. Words she wasn’t sure she would ever hear.

She joined the line at the coffee cart as she watched the rest of world go about their day. The guy looked up and gave her a smile. Just like he always did. This had been her routine for the last year. Even when she’d felt her sickest, going to the park always made her feel a little better. In five minutes time there would be a yoga class on the grass in front of her. From here, she could watch the parents and kids in the playground. From here, she could quietly laugh at the two older men who pretended not to race each other while they jogged.

“Skinny caramel latte?” She’d reached the front of the line without even noticing. His bright blue eyes were fi xed on hers. He knew her order—he’d been making it for the last year. She nodded. “Who’s your bet on today?” he smiled. “Tim or Al?”

She tilted her head at his question as he nodded toward the two joggers. He shrugged. “You watch them just like I do every day.” His smile reached all the way up into his eyes. She hadn’t realized she was so obvious.

“How do you know who is who?”
“I don’t. But I gave them names a while ago. It makes watching them more fun. I give everyone in the park names.”

She couldn’t help but return his smile. “So who is who?”
“Well, Tim is the one with absolutely no hair, and Al is the one with the few gray strands.”
“You really give everyone names?”
“Sure, I do. Look over there. The woman with the little boy and girl? She’s Janice, and the kids are Joey and Monica.”
Cassie choked. He pointed at a group of school kids. “That’s Kim, Kourtney and Khloe.”
“After all your favorite TV shows?”
He wiggled his hand as he handed over her coffee. “I didn’t say they were my favorites. Just the most appropriate.”

The scent of the coffee and caramel drifted up around her. This was her favorite part. The anticipation. The aroma seemed to fi re up her taste buds—let them know what they were about to experience. For a few months, this had been the one thing she’d actually known she could look forward to.

His face looked a little more serious for a second. “You seem happier today.”
“I do?”
He nodded. She took a deep breath. “I got some good news. I’ll be able to go back to work soon.”
His face fell a little. “So, I won’t see you so much?”
She paused, not sure how to answer. “What name did you give me?”

He moved around the side of the cart toward her. “Oh, you’ve had a few.”
“I have?”
“I started with Wonder Woman, then moved to Vogue, before settling on Xena.”
He was leaning on the cart, his arms folded across his chest. It was the closest she’d ever been to him. It’d always seemed so much safer when the cart was between them. Now, she could see the crinkles around his eyes, the laughter lines on his forehead and the tiny freckles on the bridge of his nose.

“You gave me superhero names?”
There was a fl ash of something in his eyes."I kind of fi gured that you needed them."

The sun was peeking out the clouds above them, making her head feel scratchy. She reached up and tugged off her hat, letting the gentle breeze ruffle her new curls.

“I guess I kind of did,” she said quietly.
He held out his hand. “Ryan Gates.”

A year. That’s how long it had taken her to talk to him. Even though he’d smiled and joked with her every day. She put her hand in his, letting the warmth travel up her arm as the sun fi-nally burst through the clouds.

“Cassie Shields.”

ワンポイント英語レッスン一覧に戻る