■平成30年7月豪雨被害に関するお見舞い■

このたびの平成30年7月豪雨により、被害に遭われた地域の皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。また一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

ハーレクイン・シリーズ

ハーレクイン・ロマンス

おすすめ 定期購読2冊セット 電子書籍 恋人を演じる一夜
4姉妹の華燭の典 Ⅲ

4姉妹の華燭の典 R-2950

著者 リン・グレアム
訳者 春野ひろこ
ポイント 35pt
ISBN 978-4-596-12950-5
頁数 160頁 / 新書判
発行日 2014年4月5日
定価 710円(税込)
電子書籍定価 648円(税込)

たとえ偽の恋人でもかまわない。 こうしてあなたを独り占めできるのなら。

実習生社員エミーは社長のバスティアンから突然呼びだされ、驚く。 とあるホームページに彼女の顔写真が掲載されているというのだ。 慌ててエミーが調べてみると、なんと件のホームページとは、 彼女の母が経営しているエスコート・サービス会社のものだった。 身勝手な母はエミーをコンパニオンとして利用して売り込み、 あろうことかバスティアンは客として彼女を指名予約していた。 洗練された富豪らしい厳かさで、バスティアンは言った。 「君には僕と一緒にギリシアへ渡り、妹の結婚式に出てもらう」 もちろん、エミーに断る自由などあるはずもなかった。 でも……地味で世慣れていない私なんかに彼の恋人役が務まるの?

著者紹介

リン・グレアム 作家プロフィールはこちら

北アイルランド出身。10代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分で書いたのは15歳のとき。大学で法律を学び、卒業後に14歳のときからの恋人と結婚。この結婚は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。小説を書くアイデアは、自分の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。

編集者コメント

〈4姉妹の華燭の典〉第3話をお贈りします。モデルをしている双子の姉と比較され、悲しい思いをしてきたエミー。ギリシア人社長の恋人役を演じるはずが、思いがけない展開に戸惑うことに…。

※こちらの電子書籍版の表紙は紙書籍版と表紙が異なります。

読者レビュー

読者レビューはまだございません。

※ 「カートに入れる」ボタンが表示されない商品は、在庫切れの状態ですのでご注文できません。
ご購入者の方へ(クリックで開きます。)

<紙書籍>
※ 配送料は無料です。
※ ご注文後、通常2日~5営業日での発送となります。ただし土日祝祭日もしくはその前日にご注文された場合、翌営業日が発送準備日になりますので、ご注文から1週間ほどお時間頂く場合がございます。なお、クリスマスやお正月などの混雑期は少々お時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。
※ ハーレクインコミックス・キララを除く予約商品は、締切日までにご予約頂いた場合、発売日の1週間前に発送いたします。ハーレクインコミックス・キララをご予約頂いた場合は発売日に発送いたします。予約締切日以降にご注文頂いた場合は、入荷次第2日~5営業日で発送いたします。

<電子書籍>
※注:電子書籍<通常版>は購入した時点から有効期間を定めないで無期限で読むこと事ができます。
ただし、当社がストリーミングの期限を設定した一部の電子書籍、又はまれに著者との契約に基づき閲覧を制限する必要が生じた電子書籍についてはの都合により、通常版の商品が閲覧できなくなる場合があります(その場合も1年間は保証致します)。
※ 48時間版の閲覧有効期間は購入した時点から48時間読むことができます。
※ ご購入後、ご注文完了メールが送付されますので、マイページにログインの上、お楽しみください。

<ポイントについて>
※ ポイントは各商品の税込価格に対して計算されます。(1円未満の端数は切り捨てになります)
※ 電子書籍のポイント数は、電子書籍定価に対して計算されます。