【お知らせ】ハーレクインサイトリニューアルについて

本サイトは2019年7月頃にリニューアルを行います。
トップページは、現在のハーレクイン40周年特設サイトとなる予定です。
新しいページはトップページにある40th Anniversaryバナーか、こちらからご確認ください。



ハーレクイン文庫 コンテンポラリー

今月の新刊

  • 楽園で、永遠に

    エマ・ダーシー
    楽園で、永遠に

    (HQB-932)

    2019/3/1刊

    恋に破れ、傷心したロビンは、南国の地で運命の人に出会う。ところがその彼に、不治の病の弟と、束の間でいいから結婚をしてやってほしいと頼まれてしまう。

    年上男性との恋


  • 胸に秘めた愛

    ステファニー・ハワード
    胸に秘めた愛

    (HQB-933)

    2019/3/1刊

    16歳のときから憧れていた義兄ジェイクに、シオーナはある誤解から嫌われてしまう。その義兄が、ある日、ほかの女性と結婚すると言ってきて、彼女は傷つく。

  • 愛だけが見えなくて

    ルーシー・モンロー
    愛だけが見えなくて

    (HQB-934)

    2019/3/1刊

    ギリシア人大富豪ディミトリに愛を捧げたのに。アレクサンドラが妊娠を告げると、別れを切り出されたばかりか、ほかの男と寝ていただろうと責められて…。

    ギリシア人男性との恋


  • 華麗なる誘惑

    サラ・モーガン
    華麗なる誘惑

    (HQB-935)

    2019/3/1刊

    両親が諍いばかりだったせいで、リビーは男女の愛に恐怖を感じていた。ギリシア富豪アンドリアスと出逢うまでは。彼にアプローチされると拒否できず…。

    ギリシア人男性との恋


  • 暗闇のエンジェル

    スーザン・ネーピア
    暗闇のエンジェル

    (HQB-936)

    2019/3/1刊

    初めて会ったはずの婚約者の兄と、なぜだろう初めて会った気がしない──かつて脳の手術をしたヘレンは、結婚の直前、自分には失った記憶があったと気づく。

    年上男性との恋


  • 思い出の海辺

    ベティ・ニールズ
    思い出の海辺

    (HQB-937)

    2019/3/1刊

    兄の結婚を機にオランダへ移り住んだ看護師クリスティーナ。希望に満ちた新天地で、ハンサムな院長ドゥアートに「美人じゃない」と冷たくされて傷ついて…。

    ドクターとの恋


来月の新刊

  • 特別扱い

    ペニー・ジョーダン
    特別扱い

    (HQB-938)

    2019/4/1刊

    かつて男性に騙され、恋愛に臆病になっているスザンナ。そんなある日、ハンサムな新任上司ハザードからあらぬ疑いをかけられ、罵倒されてショックを受ける。

    オフィス


  • ぼくの白雪姫

    シャーロット・ラム
    ぼくの白雪姫

    (HQB-939)

    2019/4/1刊

    高校を卒業したばかりのルイーズは、故郷へ帰ってきた。幼い頃から慕う血の繋がらない義理の兄ダニエルとの二人暮らしに心浮きたつが、彼の態度は冷たく…。

    初恋


  • 狂おしき復讐

    サラ・モーガン
    狂おしき復讐

    (HQB-940)

    2019/4/1刊

    アンジーは妹を死に追いやった大富豪ニコスから、妹の遺品のダイヤを返せと迫られた。条件として彼女は、美貌の彼に不器量な自分との結婚を提案するが…。

    華麗に変身


  • いにしえの呼び声

    シャロン・サラ
    いにしえの呼び声

    (HQB-941)

    2019/4/1刊

    天涯孤独のソノラは、ある事件をきっかけに命を狙われていた。夜ごと見る夢と幻影に悩まされながら、身を隠そうと訪れた町で、夢に現れた男性に迎えられ…。

    サスペンス


  • シンデレラの憂鬱

    ケイ・ソープ
    シンデレラの憂鬱

    (HQB-942)

    2019/4/1刊

    大企業の跡継ぎリーと運命的な出会いをし、理想の電撃結婚をして夢見心地のシャロン。だがハネムーンに旅立つ直前、この結婚は巧みに画策されたものと知る。

    シンデレラ


  • 心の鍵をはずしたら

    キャシー・ウィリアムズ
    心の鍵をはずしたら

    (HQB-943)

    2019/4/1刊

    遅刻した秘書のアビゲイルに、社長のロスは理由を問いつめた。婚約者と夜更かししていたと告げたとたん、彼は怒りだし、その日を境に私生活に干渉し始めた。

    オフィス


マイページログインカートを見る