作家詳細

テス・ジェリッツェン
テス・ジェリッツェン
Tess Gerritsen

内科医として働く傍ら、育児休暇中に小説を書き始める。1987年に『真夜中に電話が鳴って』でデビュー。以来、緻密な描写の医療サスペンスを多数発表し、NYタイムズのベストセラー作家に。2002年『外科医』(文藝春秋)でRITA賞を受賞。現在は医師を引退し、フルタイムで執筆にあたる。メイン州在住。【旧著者名:テス・ガリットソン】

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
PAGE TOP