■平成30年7月豪雨被害に関するお見舞い■

このたびの平成30年7月豪雨により、被害に遭われた地域の皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。また一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

ハーレクインMIRA文庫

ロマンス

電子書籍 オリンポスの咎人 アムン

ポイント 50pt
ISBN 978-4-596-91515-3
頁数 512頁 / 文庫判
発行日 2012年9月15日
定価 1,008円(税込)
電子書籍定価 864円(税込)

オリンポスの咎人 アムン

著者 ジーナ・ショウォルター
訳者 仁嶋いずる

あなたを愛することは許されないのに、あなたがいなければ生きていけない。選ぶのは復讐か愛か!? 命を賭した一途な想いを描く、究極のパラノーマル・ロマンス!

アムンは体内に取り込まれた無数の魔物の声に正気を失いかけていた。他人の“秘密”をのぞく力を持つ彼は数週間前、仲間を助けるために地獄に赴き、邪悪な思考を取り込みすぎたのだ。その重荷を仲間に背負わせぬよう、彼は固く口を閉ざして一人苦痛に耐え続けている。ところがそこへ、謎めいた金髪の女が現れたとたん、悪しき声が静まり返った。アムンは安らぎを与えてくれた彼女に強い結びつきを感じるが、彼女の頭から飛び込んできた秘密に恐怖をおぼえる。そんなことがありうるだろうか? 彼女がかつて仲間を殺した敵だとは。

著者紹介

ジーナ・ショウォルター

NYタイムズベストセラー作家。ロマンス小説好きが高じて、自ら書きはじめる。独自の世界観やユーモア、セクシーな作風が絶大な支持を得て、パラノーマル・ロマンスを始め、コンテンポラリー・ロマンスやヤング・アダルトの分野で活躍。著者を代表する〈オリンポスの咎人〉シリーズは9作目まで刊行され、そのたびに全米のベストセラーリストを賑わせている。

オリンポスの咎人 アムン:対談編

著者 ジーナ・ショウォルター
訳者 仁嶋いずる

編集者コメント

全国の寡黙男子好きの皆様、〈オリンポスの咎人〉シリーズファンの皆様、お待たせしました。無駄口はいっさい叩かず、いかなる苦しみにも悲しみにも黙って耐える、アムンの登場です。“秘密”の魔物を宿すアムンは他人の秘密を否応なく知る力があり、その秘密を自分の意思とは関係なく漏らさないために口をつぐんでいます。ときに悪しき者の秘密はおぞましく、漏らせば相手を恐怖や嫌悪で苦しませることになるため、アムンはすべての重荷をひとりで抱え込んでいるのです。親友のストライダー曰く、“アムンほど周囲の者のしあわせを気にかける者はいない”。そのアムンは前作で仲間を助けるために地獄に向かい、邪悪な思考を取り込みすぎてしまいます。そんな彼を癒してくれた運命の相手とは……? アムンの静かな魅力の虜になること間違いなし。クールな生徒会長より熱い応援団長より、陰のある書記が好きな人にたまらない1冊です。

読者レビュー

  • 魔物が汲み取った秘密を漏らさぬよう口を閉ざしている秘密の番人アムンと、暗黒の戦士をつけねらうハンターとして生きてきたヘイディが今回の主人公。お互いに相手を自分と同じ立場だと誤解して惹かれ合いますが、二人の違いはお互いの立場だけでなく、ヒロインがハンターとなるきっかけとなった哀しい過去もありました。過去の過ちを赦しあい、敵同士という立場を乗り越えることができるのか、読み応えのある1作でした。【 モニター 】
  • 秘密の番人アムンとハンターのヘイディ。許されない相手と知りつつも、強く惹かれあう二人。謎だらけのヘイディの真実、相手を思う故の葛藤、そして心から結ばれた二人に起こる悲劇、クライマックスに向けての怒涛の展開にくらくらしながらも一気に読んでしまいました。炎と氷に彩られた二人の物語、おすすめです。【 モニター 】
  • 困難を抱えたヒロインばかりを好きになってしまう戦士たち。今回もとびきり困難なヒロインです。好きになってはいけない相手なのに惹かれ合う二人。今までの戦士たち皆がそうではあるものの、冷静沈着なアムンがこんなに熱いとは。ヒロイン自身も大変な運命を背負っていて、それをどうアムンと一緒に克服していくのか。最後までドキドキです。作中では次に恋に落ちる戦士のエピソードが入っているので次の作品も楽しみになります。【 モニター 】
  • オリンポスの咎人シリーズを全作読んでいます。全作通じて、さまざまな障害を乗り越えて固い絆を交わす、ハッピーエンドストーリーで読みやすいと思います。今回の7番目のヒーロー、戦士アムンは、秘密の番人です。前作で地獄に連れて行かれ、正気を失っており、更に、天使に殺されそうになっています。そんな中、救いの手を差し伸べたのがヒロインでした。けれど彼女はハンター。まるでロミオとジュリエットみたいな展開ですが、このロミオはあっさり死んだりしません。戦士たちとの友情も、神にも逆らうなど、いままで大事にしていたものすべてを敵に回しても、ヒロインを取り戻そうとします。凄いです。アムン素敵です。手に汗握るようなスリルの連続の中、最後はハッピーエンドで良かった。一気に読んでしまいました。個人的には、天使ザカレルの今後がとっても気になります。次回も登場しないかな?【 モニター 】
  • <オリンポスの咎人>シリーズは知っていたのですが、小説を読むのはこれが初めてでした。とにかくキャラクターたちが個性的で楽しい! ギリシア神話をモチーフにしているけれど、世界観が現代的なので携帯なんかもあります。そのため戦士たちのメールのやりとりや、いたずら電話を掛けるシーンには思わずニヤリ。そして今回の主人公のアムン、そしてヒロインがお互いに相手を守ろうとする姿にはジーンときました。本当に素敵!【 モニター 】
  • 前作から気になっていたアムン。仲間のためには自分を犠牲にする寡黙な男です。まさか、そんな彼の運命の相手が彼女とは!! 最初は彼女への警戒心でいっぱいでした。なぜアムンの相手は彼女なのか? 二人に明るい未来はあるのか? しかし読み進めていくと彼女への不信感は薄まり、むしろアムンにピッタリの相手だと納得! 毎回作者のにくい演出にやられる〈オリンポスの咎人〉。ブダペストの彼らの城は、今日も愛すべき住人達で大賑わいです!【 モニター 】
  • 秘密の番人・アムンと、ハンター・ヘイディ……敵同士の二人が今回の主人公です。ある意味「ロミオとジュリエット」のようでした。お互い相手が憎むべき存在だとわかっているのに、心も身体も求めずにはいられない。そんな葛藤にさいなまれながら、だんだん理解し合い、愛を育んでいく。もどかしいけれど、説得力のある展開でした。それにしても、登場人物が多すぎる! 主人公以外の話も結構ある。それが魅力であり、難点でもあります。【 モニター 】
  • 仲間を助けるために地獄へ赴いて、たくさんの魔物を取り込んでしまったアムン。その彼を癒せるのはただ一人、ストライダーが捕らえてきた女性のみ。でもその女性は、仲間たちにとって許されざる人物でしかなかった。矛盾する想いに翻弄されてまでも、アムンが選んだ運命。きっと納得のいく1冊になると思います。【 モニター 】
  • いつもは、裏表紙の“あらすじ”を参考に購入して読み進めますが、この作品に関しては、イイ意味で(!?)想定を覆されつつ、初秋の夜長を費やしての読了。愛憎は紙一重、いずれにもそれぞれの深い理由があるけれど、“信じる”強い思いが、味わい深いエンディングへ。【 モニター 】
※ 「カートに入れる」ボタンが表示されない商品は、在庫切れの状態ですのでご注文できません。
ご購入者の方へ(クリックで開きます。)

<紙書籍>
※ 配送料は無料です。
※ ご注文後、通常2日~5営業日での発送となります。ただし土日祝祭日もしくはその前日にご注文された場合、翌営業日が発送準備日になりますので、ご注文から1週間ほどお時間頂く場合がございます。なお、クリスマスやお正月などの混雑期は少々お時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。
※ ハーレクインコミックス・キララを除く予約商品は、締切日までにご予約頂いた場合、発売日の1週間前に発送いたします。ハーレクインコミックス・キララをご予約頂いた場合は発売日に発送いたします。予約締切日以降にご注文頂いた場合は、入荷次第2日~5営業日で発送いたします。

<電子書籍>
※注:電子書籍<通常版>は購入した時点から有効期間を定めないで無期限で読むこと事ができます。
ただし、当社がストリーミングの期限を設定した一部の電子書籍、又はまれに著者との契約に基づき閲覧を制限する必要が生じた電子書籍についてはの都合により、通常版の商品が閲覧できなくなる場合があります(その場合も1年間は保証致します)。
※ 48時間版の閲覧有効期間は購入した時点から48時間読むことができます。
※ ご購入後、ご注文完了メールが送付されますので、マイページにログインの上、お楽しみください。

<ポイントについて>
※ ポイントは各商品の税込価格に対して計算されます。(1円未満の端数は切り捨てになります)
※ 電子書籍のポイント数は、電子書籍定価に対して計算されます。