【お知らせ】ネットショップゴールデンウィークの出荷について

ネットショップゴールデンウィークの出荷についてご案内させていただきます。
●ゴールデンウィーク前最終出荷日:4月26日(金)
●ゴールデンウィーク後出荷開始日:5月7日(火)
●カスタマーサポート休業日:4月27日(土)~5月6日(月)
ご注文は承っておりますので、是非ご利用ください!

ハーレクイン・シリーズ定期購読 デラックスコース


デラックスコース

6月刊 / 7,8冊セット(月15冊)
通常価格 10,650円以上(税込)
定期購読価格 9,590円(税込)
送料無料 / 10%オフ!


ロマンス、イマージュ、ディザイアの中から厳選された7,8冊を月に2回(計15冊)お届けします。
※セット内容は決定次第掲載いたします。




配送スケジュール

■5月5日刊 発送日―4月18日(木)
■5月20日刊 発送日―5月9日(木)
■6月刊

受注期間 書籍発送日
受注開始
4月12日(金)~
受注締切
5月13日(月)

午前9時30分
6月5日刊
5月23日(木)
6月20日刊
6月6日(木)

■7月刊予定

受注期間 書籍発送日
受注開始
5月17日(金)~
受注締切
6月10日(月)

午前9時30分
7月5日刊
6月20日(木)
7月20日刊
7月4日(木)
※配送予定

配送の例

配送の流れイメージ図

※お引き落とし日はカード会社により異なります。

6月のデラックスコース

5日刊

獅子王は惜しみなく奪う
ダニー・コリンズ

億万長者と一輪のすみれ
ミランダ・リー

偽りの指輪に愛をこめて
レイチェル・トーマス

追憶のシンデレラ
アニー・ウエスト

ボスの強引な婚約宣言
ジョアン・ロック

記憶の闇のむこう
メッツィ・ヒングル

王と花摘みの花嫁
ケイト・ヒューイット

遠回りのラブレター
ジェニファー・テイラー

20日刊

大富豪と百万ドルの秘書
ジェニー・ルーカス

花嫁は愛される夢を見る
キャロル・マリネッリ

アドニスに摘まれた薔薇
トリッシュ・モーリ

片恋にさよならを
モーリーン・チャイルド

貴公子に疑われた淑女
ヘレンケイ・ダイモン

ひとりぼっちの祝福
カーラ・コールター

虹に憧れて
ベティ・ニールズ


5日刊

獅子王は惜しみなく奪う
獅子王は惜しみなく奪う

ダニー・コリンズ
(R-3416)
2019/6/5刊

冷酷無比な王は私からすべてを奪った。残されたのは、彼との名ばかりの結婚。

兄の結婚式の夜、ガリラは中庭で自分の孤独を痛感していた。誰かに愛されるってどんな感じ? 私もいつかは経験できるの?そのとき暗闇からカリムという男性が現れ、彼女を熱く見つめた。初めて経験する胸のときめきに、ガリラは有頂天になり、気づいたときには、彼に情熱的な口づけを許していた。ところが翌日、カリムは国王という身分を明かし、ガリラを妻にすることを、彼女の兄に強引に承知させた。ばかね、一瞬でも、カリムに愛されたと思ったなんて……。愛はないがベッドで満足させる、とバージンの私に言う人なのに。
億万長者と一輪のすみれ
億万長者と一輪のすみれ

ミランダ・リー
(R-3417)
2019/6/5刊

最高の恋人とかけがえのない小さな命──それは天国の父からの贈り物。

「カプリ島にある美しい別荘がきみに遺贈された」突然の電話に、心当たりのないベロニカは仰天した。しかも電話の相手は実業家レオナルド。かつて誘惑の魔の手を彼女に伸ばしてきたプレイボーイで、遺贈主の友人だという。その遺贈主が実の父だと知ったベロニカは、父の面影を求めて別荘を訪ねたくなり、渋々ながらレオナルドに案内を頼んだ。だが意外にも彼は温かくベロニカを迎え、心に寄り添いながら、たくみに情熱をかき立てていった。やがて彼女は身ごもるが、レオナルドが美女と親密にしているところを見てしまい……。
偽りの指輪に愛をこめて
偽りの指輪に愛をこめて

レイチェル・トーマス
(R-3418)
2019/6/5刊

家名のために男の子が欲しい億万長者。その非情な求婚を、愛と誤解したなんて。

振り向いたエミーは、ふくらみかけた自分のおなかに手をあてた。一夜をともにしたマルコが、ニューヨークの大富豪だったなんて!マルコは彼女の職場に突然現れ、自分に子供ができたと知ると、家族が欲しいと言って結婚を申しこんできた。私がイギリスから引っ越さなければならなくても、彼は贅沢な生活をちらつかせれば問題ないと思っている。それでもマルコの父が病気と聞くと、エミーは婚約を受け入れた。この再会は運命で、彼がくれた婚約指輪を愛の証と信じられたら。だがマルコは男児の誕生を願い、彼女を利用する気でいて……。
追憶のシンデレラ
追憶のシンデレラ

アニー・ウエスト
(R-3419)
2019/6/5刊

見知らぬゴージャスなイタリア富豪――この人が私の婚約者だなんて。

「二度と君を離さない。モリー、君は僕のものだ」事故で記憶をなくしたモリーは見知らぬ婚約者ピエトロにかいがいしく世話を焼かれ、壊れ物のように大切にされていた。お腹のなかでは彼の子がすくすくと育っている。モリーは漠然と広がる不安にさいなまれながらも、豪華な婚約指輪を身につけ、夜ごと無上の喜びに浸っていた。だが、夢のように幸せな日々はある日突然終わりを告げた。モリーは思い出したのだ――彼とはただの愛人関係だったことを。妊娠を告げたときの、あまりにも残酷な彼の仕打ちを。
ボスの強引な婚約宣言
ボスの強引な婚約宣言

ジョアン・ロック
(D-1853)
2019/6/5刊

引きとめてほしいのは、秘書ではなく、女として。

「突然ですが、ぼくは婚約しました。相手は秘書のアデレードです」ボスで富豪のデンプシーに公の場で宣言され、アデレードは呆然とした。彼にないがしろにされ、仕事を辞めたいと申し出た矢先なのに?だがそれは、有能な秘書に退職を思いとどまらせるために、彼女のお人好しな性格を利用した、デンプシーの巧妙な手口だった。さらに、ひと月だけでも婚約者を装って、彼の下で働くよう命じられる。貧民街に暮らしていた少女時代からずっと、デンプシーが好きだった。これが愛ある本物の婚約だったなら、どれだけ幸せなことだろう……。そんなアデレードの純情も知らず、我が道を行くデンプシーは、これから彼の屋敷で寝泊まりしろと告げ、彼女の身も心も翻弄する──
記憶の闇のむこう
記憶の闇のむこう

メッツィ・ヒングル
(D-1854)
2019/6/5刊

終わりなき記憶の闇のなか、愛だけが光をくれたのに……。

病室で目覚めたとき、クレアはいっさいの記憶を失っていた。手首の名札で自分の名前だけはわかったものの、夫と名乗る実業家マットの顔を見ても、何も思い出せない。強盗に襲われて頭にけがをしたのが原因のようだが、マットの広大な屋敷に移って看護を受けるうち、順調に快復していった。魅力的な夫に、快適な生活。けれど、なぜか不安がぬぐえない──彼の発言や態度につじつまが合わないところがあるのだ。それでもクレアはやがて、自分がマットを愛していることに気づく。正直に愛を告げた彼女に、マットは重い口調で残酷な事実を告げた。「結婚生活はとっくに破綻して、僕たちは別居していたんだ」
王と花摘みの花嫁
王と花摘みの花嫁

ケイト・ヒューイット
(I-2565)
2019/6/5刊

愛のかけらもない結婚。それでも私は、彼の真心が欲しい。

生まれながらに次期国王の許嫁と決められたジョハラは、父によって適齢期までフランスの片田舎に幽閉されて育った。そしてついに、王位継承者アジムとの対面のときがやってきた。ところが彼は挨拶すらせず、結婚式は1週間後と宣言するばかり。こんなに冷たい人と、生涯をともにするなんて……。恐怖のあまり、ジョハラはフランスへと逃げ帰ってしまう。行くあてもなく、街をさまよったすえにたどり着いたカフェでウェイトレスの職を得たジョハラは、すぐにそこが売春宿だと知る。汚い男の手が伸び、万事休す──そのとき、深みのある声が響いた。「手を離せ。売約済だ」威厳あるアジムの姿が、そこにあった。
遠回りのラブレター
遠回りのラブレター

ジェニファー・テイラー
(I-2566)
2019/6/5刊

あなたは我が子のために帰ってきた。わたしを愛していたからではなく……。

ベスとカラムは平凡ながらも幸せな夫婦……のはずだった。けれど彼女にはなかなか赤ん坊ができず、不妊治療も失敗が続いた。そんな妻に愛想を尽かしたように、カラムは離婚を切り出し、仕事と言って遠い異国へ旅立ってしまう。ところがその後、ベスは自分が妊娠していることに気づいた。やっと苦労が報われた。これでカラムとわたしは親になれる……。だが喜びは続かず、ベスが書いた手紙に彼からの返事はなかった。捨てられた失意の中、彼女は待ち望んだ赤ん坊を出産して育て始める。だから1年後、突然カラムが戻ってきても、ベスの気持ちは複雑だった。心は親子で拒絶された悲しみと、今もつのる彼への愛に引き裂かれていた。

20日刊

大富豪と百万ドルの秘書
大富豪と百万ドルの秘書

ジェニー・ルーカス
(R-3420)
2019/6/20刊

ダイヤの指輪も豪奢な屋敷も、そこに愛がなければ虚しいだけ。

雇い主のスペイン富豪ロドリゴと恋に落ちた秘書のローラは、誤解がもとで百万ドルの手切れ金を叩きつけられ、捨てられた。彼の子を身ごもった喜びの報告をするはずの、まさにその日に。1年後、ローラは慈善舞踏会で偶然ロドリゴと再会し、赤ん坊を密かに産み育てていたことを知られてしまう。すると彼は君も息子も僕のものだと言い、強引に結婚を迫った。あんなに私を冷たく捨てた相手と愛を育めるわけがないわ……。それでも子供のための形だけの結婚ならばと言ったローラに、彼は熱いキスをし、せせら笑った。「僕に抵抗できるのか?」
花嫁は愛される夢を見る
花嫁は愛される夢を見る

キャロル・マリネッリ
(R-3421)
2019/6/20刊

今宵、花嫁は夢を見る──夫に愛される、かなわぬ夢を。

メリダが働く画廊にその夜、ニューヨーク随一の富豪、イーサン・デヴェローが現れた。美貌の彼と握手をした瞬間、彼女の体に電流が走った。しばらくして彼が立ち去っても、体の火照りは収まる気配がない。いったいどうしてしまったの?「きみにはわかっているはずだ」突然、低い声が静寂を破った。嘘! 彼は引き返してきたの? 「一緒にディナーをどうかな」彼とは住む世界が違うのに、甘いキスに我を忘れたメリダは、レストランからスイートへといざなわれ、純潔を捧げた。しかし翌日、イーサンは消え……やがてメリダは妊娠を知る。
アドニスに摘まれた薔薇
アドニスに摘まれた薔薇

トリッシュ・モーリ
(R-3422)
2019/6/20刊

ギリシアの美神の冷酷さを知らぬまま、身も心も奪われ、授かった小さな命――

父の訃報に、傷心を抱えサントリーニ島へと赴いたアテナ。カフェで荷物を盗まれかけたところを、ハンサムな男性アレクシオスに助けられ、ディナーをともにすることになった。ギリシア億万長者の彼の瀟洒な邸宅へ招かれ、美しい夕陽を眺めながら、アテナはまたたく間に彼の虜になり結ばれた。夜ごと愛される至上の悦びに、彼女は溺れた。やがて愛を告げたことで、まさか彼が急に冷淡になるとは夢にも思わず。――どうしよう? 赤ちゃんができたなんて彼に言えない。アテナは黙って彼の前から姿を消すほかなく……。
片恋にさよならを
片恋にさよならを

モーリーン・チャイルド
(D-1855)
2019/6/20刊

恋をあきらめようとしたとき、小さな天使が突然舞い降りて……。

セイディが社長のイーサンに想いを寄せ始めて、はや5年。彼のアシスタントとして、未熟ながらもがんばってきたけれど、もう実らぬ片思いはあきらめ、新しい恋を探すときなのかもしれない。セイディは涙を隠して退職を申し出るが、イーサンから思いがけない懇願をされて、心が揺れた。彼の親友が急死し、遺児を預かることになって困っていて、ナニーが見つかるまで、同居して世話をしてほしいというのだ。イーサンと過ごす、最初で最後のつかの間の蜜月。ほんの一瞬でもいい。私を女性として見てくれたら……。5年間の想いを胸に、セイディは心を決めた。
貴公子に疑われた淑女
貴公子に疑われた淑女

ヘレンケイ・ダイモン
(D-1856)
2019/6/20刊

どうか信じてほしい。私の愛は偽りではなく、本物だと。

大富豪ジェイムソン家の次男、スペンスが帰ってきたと聞き、アビーは動揺した。彼はまだ私を疑っているかしら?数カ月前まで、アビーとスペンスは恋人同士だった。だが悪夢のような出来事が、突然ふたりを引き裂いた。あろうことか、スペンスの父親に無理やりキスをされ、その場面をスペンスに見られてしまったのだ。彼はアビーの話も聞かず、冷たく背を向け、街から姿を消した。あのとき、どうして私のことを信じてくれなかったの?スペンスは心から詫び、変わらぬ情熱でアビーを包みこんだが、彼女が身ごもったと知ると、とたんに表情を曇らせて……。
ひとりぼっちの祝福
ひとりぼっちの祝福

カーラ・コールター
(I-2567)
2019/6/20刊

赤ちゃんという幸福を、本当はふたりで迎えたかった……。

ケイド、私の夫。彼が家を出ていってから、もう1年以上。ジェシカは別居が続く夫との関係に終止符を打とうとしていた。彼に会って離婚のための書類にサインをしたあとは、身寄りのない赤ちゃんを引き取って、ひとりで育てていくつもりだ。望んでも叶わなかった、母になるという夢をようやく叶えられる。2度の流産後もなお子供を切望する私といつしか気持ちがすれ違い、ケイドはそんな私を見捨てて去っていった。だから、彼を心から愛していても、もう別れるしかないと覚悟を決めた。そして、ふたりで会う約束をした日──夫と妻として会う最後の日、彼を待つジェシカの身に、突然、不運な出来事が起こる……。
虹に憧れて
虹に憧れて

ベティ・ニールズ
(I-2568)
2019/6/20刊

虹のむこうに幸せがある。そう信じても、虹はこの手に届かない。

物心がつく前に孤児になったオリンピアは、伯母に引き取られ、家事につけ仕事につけこき使われる日々を送っている。ある日、使いの合間に、前から見たかった美術館へ寄ったが、時間に追われるあまり階段で転び、膝をすりむいてしまう。すると、品のよい銀髪まじりの紳士が手をさしのべてくれた。私ったら、みっともない。それに比べ、なんてハンサムな方かしら。だが、そのオランダから来た紳士はワルドーと名乗るなり、断言するようにこう告げた。「君は結婚していないね」伯母の言うとおり、私は男性が結婚したがる娘ではないということ?ワルドーの言葉に戸惑い、恥じ入るオリンピアだったが……。

ご注意

* コースの変更、取消はいつでも可能です。
* ただし、お申込み頂くと1ヵ月毎の自動更新になりますので、コースのご変更、取消の場合は、変更・取消締切日までにお手続きください。
* お支払はクレジットカードのみになりますのでご了承ください

  • FAQ
  • ネットショップご利用ガイド
  • 定期購読ご利用ガイド
  • 定期購読をやめる